世界の経済成長率ランキング【海外】
2016.9.27

株式会社AWARDの渡邉です。前回は世界の経済規模(GDP)の比較をさせて頂きましたが、本日は成長率のランキングをご紹介したいと思います。経済成長率は以下のような式で表すことができます。

経済成長率(%)=(当年のGDP – 前年のGDP) ÷ 前年のGDP × 100

GDPが1年間で何%成長できたか、ということですね。それでは上位10位までのランキングを見てみましょう。

1位 エチオピア 10.200%
2位 パラオ 9.384%
3位 パプアニューギニア 8.972%
4位 コートジボワール 8.606%
5位 ウズベキスタン 8.000%
6位 アイルランド 7.811%
7位 コンゴ(旧ザイール) 7.745%
8位 ブータン 7.668%
9位 インド 7.336%
10位 ミャンマー 7.031%

となります。1位のエチオピアはなんと10%以上の成長率となっています。地域別に見てみるとアフリカが3か国、オセアニアが2か国、アジアが3か国、ヨーロッパが2か国です。人口から考えるとインドやミャンマーの成長が著しいと言えるでしょうか。ちなみにこうなってくると気になるのは日本の順位ですよね。日本は、

162位 日本 0.473%

となっています。全世界で162位の成長率ということで完全に成熟した国であることが示されていると言えます。日本はバブルの崩壊以降、失われた20年と言われている通り経済がほとんど成長していない国となっています。金融投資で言えば、成熟した国よりも、成長著しい国に投資した方が資産は殖やしやすそうですよね。

なお本日からはフィリピンへと4日間視察に行ってきます。ちなみにフィリピンの成長率は、

26位 フィリピン 5.806%

となっており、やはりアジアの成長著しい国のひとつです。明日以降はフィリピンの現地からのレポートをお届けする予定です。現地の熱気と勢いを日本の皆様に少しでもお届けできればと思います。

カテゴリーから記事を探す