医療費控除が変わる?【生活】
2016.12.8

株式会社AWARDの渡邉です。みなさんは医療費控除を利用していますか?医療費控除は、1年間(1月1日~12月31日)に自己負担した医療費が、自分と生計を一にする家族の分を合わせて合計10万円を超えた場合、確定申告することで所得税が一部還付されたり翌年の住民税が減額される制度です。歯科の治療で支払った医療費なども対象になるため、まめに医療費の領収書を集めていると使える制度になります。

この医療費控除ですが、2017年から「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が追加で始まります。今までは市販薬の購入で支払ったお金は控除の対象になっていなかったのですが、2017年からは治療のために購入したOTC医薬品の代金も医療費控除制度の対象となります。特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入額が合計1万2,000円を超えた場合に適用されるので、来年以降はOTC医薬品を購入した際にも領収書を取っておくと良さそうです。

OTC医薬品とは医師に処方してもらう「医療用医薬品」ではなく、薬局やドラッグストアなどで自分で選んで買える「要指導医薬品」「一般用医薬品」のことです。英語の「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略語で、対面販売でくすりを買うことを意味しています。ドラッグストアで風邪薬や痛み止めなどの薬を購入する方は多いと思いますが、そのような薬がOTC医薬品ということですね。

今回の制度の対象となる人は、健康の維持増進や疾病予防のために、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検診を受けていて対象のOTC薬を購入した方になります。多くの方は会社で健康診断等を受けていると思いますので、ほとんどの方が対象になりそうですね。控除の上限金額は8万8千円で、対象となるOTC医薬品の年間購入額が1万2,000円を超えるとき、その超えた部分の金額が対象となります。つまりOTC医薬品を10万円分購入すると上限の8万8千円の控除が受けられるということになります。

ただし、従来の医療費控除制度と同時に利用することはできないため、医療費控除制度とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)のどちらの適用するかは自分自身で判断することになります。病院にはあまりいかないけど、ドラッグストアでの薬の購入は頻繁にするという方は活用できますね。2017年1月からOTC医薬品を購入した際の領収書を集めてみてはいかがでしょうか。

カテゴリーから記事を探す