ふるさと納税基礎②【税金】
2016.10.17

株式会社AWARDの會田です。昨日はふるさと納税の基礎をあらためてご紹介させて頂きました。以前にくらべてとてもやりやすくなったふるさと納税。会社員の方が自身の給与明細や税金のことを見直すきっかけにもなるので積極的にお勧めさせて頂いております。

さて本日は気になるお礼の品の部分ということで、実際の寄付金額TOP3の自治体のお礼の品を見てみたいと思います。データはふるさとチョイスの昨年の集計で2015年4月から2016年3月31日のものから引用しています。

第1位宮崎県都城市4,231,233,673円
第2位静岡県焼津市3,825,481,805円
第3位山形県天童市3,227,884,109円

1位の宮崎県都城市では宮崎牛の切り落としなどが大人気のようです。10,000円以上の寄付でもらえる牛肉の量は多いもので1kg以上。寄付した分だけ住民税は戻ってくるのに、1kgもの牛肉が家に届くのですからワクワクしてしまいますよね。ちなみに豚肉ですと10,000円の寄付で4kg以上のお肉が届くものもあります。ふるさと納税で送られてきた牛肉や豚肉を使って自宅で焼肉なども楽しそうですよね。

2位の静岡県焼津市はなんと1000品以上のお礼の品を用意しています。もともとはふるさと納税事業推進事業として立ち上げられ79品のお礼の品から始まったそうですが、10月12日の時点で1053品となっているそうです。焼津というとマグロが有名ですが、マグロだけではありません。ウナギ、ジャム、鰹節、豚肉、ズワイガニとちょっと見ただけで様々な品が目に入ります。もちろんマグロも扱っており、5,000円以上の寄付で800gのマグロが届くものなどもありました。

3位の山形県天童市というと将棋の街として有名でしょうか。こちらの自治体では将棋関連のお礼の品はもちろんのこと、天童市出身の棋士などが登場する漫画『3月のライオン』のグッズなども取り揃えているようです。それに加えて山形ですから、ラ・フランスなどの高級果物や、お米、牛肉、豚肉なども用意されています。地域をアピールするためのお礼の品が盛りだくさんです。

寄付金額上位3つの自治体を見るだけで目移りしてしまいますね。ただし、すでにお礼の品の中でも品切れになってしまっているのも見かけました。お好みのお礼の品がある場合にはできるだけ早い手続きをお勧めします。せっかく国が用意してくれている制度であるふるさと納税。会社員の方が楽しめる制度になっているので是非チャレンジしてみてくださいね。

カテゴリーから記事を探す