年末調整とは?
2020.11.11

株式会社AWARDの渡邉です。

会社に勤めている方は年末調整を行う季節がやってきました。多くの方にとっては税金が戻ってくるために必要な手続き、という認識かと思いますが、改めてどういう制度なのかご紹介していきたいと思います。

年末調整と確定申告


年末調整とは、給与所得者に対して支払われた1年間の給料・賞与や賃金及び源泉徴収した所得税等について、会社等の給与の支払者が12月の最終支払日に再計算し所得税等の過不足を精算する制度となります。

・扶養控除等(異動)申告書
・保険料控除申告書
・配偶者特別控除申告書
・住宅借入金等特別控除申告書

等を用意してして会社に書類を提出します。

1年間の税金を確定させるのは本来確定申告となりますが、確定申告までは行う必要がない方は年末調整を行うだけで1年間の税金の支払いが完了することになっています。

確定申告の必要がある方


会社員の方の中でも年末調整だけではなく、確定申告までした方が良い方、確定申告をしなければいけない方もいます。例を挙げますと、

【確定申告をした方が良い方】

・家族を含めた年間の医療費が10万円もしくは合計所得金額の5%を超えた人(医療費控除)
・住宅ローン控除の利用者(1年目だけ確定申告が必要)
・ふるさと納税(※ワンストップ特例制度を利用した人は、確定申告不要)や寄付を行った人(寄付金控除)
・自然災害や火災、盗難にあった人(雑損控除)

【確定申告をしなければいけない方】

・給与の年間収入金額が2000万円を超える人
・「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していない人
・年度の途中で退職した人

した方が良い方は本来受けられる控除が年末調整だけでは受けられない方となります。一方で確定申告をしなければいけない方は、年末調整が行われないのでそのままだと税金の申告がされていない状態になってしまいます。

自分がいずれかに当てはまるという方は確定申告の準備も進めておきましょう。

不動産所得や事業所得がある方


さて、年末調整だけで税金の申告が済む方は、基本的に収入が給与だけの方となります。不動産所得や事業所得がある方は、必ず確定申告をする必要が出てきますので、書類を揃えたり帳簿をつけたりを進めておくと良いでしょう。

年末調整や確定申告で税金が戻ってくる方は、税金を払いすぎている方、です。税金を支払うのは義務ですが、本来払わなくて良い税金まで払う必要はありません。年末調整や確定申告は正確に行い、税金の無駄はなくすことをお勧めいたします。

カテゴリーから記事を探す