年末調整と確定申告
2018.10.31

株式会社AWARDです。

そろそろ保険会社から年末調整に使うための書類が送られて来る時期になりました。会社にお勤めの方は、そういった書類を使って年末調整の手続きをしていくことになります。一方で自営業者の方は、年が明けてから確定申告のために税務署へと向かうことになります。本日はこの2つの違いについてご紹介します。

年末調整とは


年末調整は会社に勤めている会社員の方に必要な手続きとなります。会社員の方は毎月の給与から所得税が引かれていることと思います。実はこの所得税、概算で本来納めるべき額よりも少し多めに引かれています。そのため、その税金を調整するために年末調整を行うのです。年末調整を行うと支払った税金が戻ってくるケースが多いのは、もともと所得税が多く引かれているからなのですね。

年末調整では扶養環境の変化や控除対象となる生命保険料・社会保険料の最新状況など、それぞれの方の個別の条件を報告して納税額を再計算します。ただし、年収2,000万円以上の方や、会社員以外で収入がある方などは年末調整ではなく確定申告をする必要があるため注意が必要です。

確定申告とは


確定申告は、毎年2月中旬から3月中旬にかけて直接税務署に行っておこなう手続きになります。税務署はこちらの収入や経費の状況を知らないため、所定の書類に必要事項をすべて記入して税務署に行く、もしくは郵送やインターネットを通して書類提出をすることになります。

自営業や会社の役員が主な対象になりますが、年末調整の対象とならない上記で挙げた年収2000万円以上の方なども確定申告を行う必要があります。また、住宅ローン控除の対象の方も購入初年度に限り確定申告を行う必要があります。

必要な手続きを把握し準備


年末調整と確定申告は、どちらも自分自身の支払う税金の額を確定させる手続きということになります。会社員の方は基本的には年末調整で対応することになると思いますので、手続き期間までに必要書類を揃えられるように準備しましょう。確定申告を行う方は、領収書や過去の収入など必要な情報が多々ありますので、来年の1月中くらいには必要な書類を揃えられるように早めに準備をしておきたいところです。

年末調整も確定申告も、普段あまり意識しない税金のことをしっかりと捉える良い機会でもあると思います。自分が支払う税金などについて知る意味でも、すこし意識をして取り組んでみてはいかがでしょうか。

カテゴリーから記事を探す