借りられる金額と返せる金額
2019.8.31

株式会社AWARDです。

住宅を購入するときにほとんどの方が利用する住宅ローン。住宅ローンが人生の中で借りる最も大きなお金になる方も多いかと思います。そんな住宅ローンについて、借りられる金額と返せる金額の違いについて考えてみましょう。

頭金2割だった理由


過去には住宅を購入する際には頭金を2割は用意する、というのが一般的に推奨されていました。なぜ2割の頭金が必要だったかというと、物件価格の8割程度しか融資をしない、という金融機関が多かったのが一つの理由です。また金融機関にとっては物件価格の8割までの融資にしておくことで、もし貸し倒れたとしても物件を差し押さえれば貸したお金をある程度回収できるという目論見もあったかと思います。

しかし現在では物件価格の満額が融資されるのが普通のことになっています。民間の金融機関だけでなく、フラットを取り扱いしている住宅金融支援機構などでも満額の融資をしてくれることが多いです。また諸費用も含めてローンを組むなど物件価格以上の融資を引ける場合もあります。

返済比率の目安は


しかし、借りられるからといって無理なローンを組んでしまうのは禁物です。一度組んだ住宅ローンは、借りている期間中ずっと毎月の支出に影響を与えるお金になるからです。一般的には住宅ローンの返済金額の比率は収入に対して20%~25%以内に抑えるべきといわれています。住宅ローンの返済は税金などを支払ったあとの手取りのお金から支払う必要がありますから手取り収入に対して比率をみるのが安全でしょう。

そう考えると例えば住宅ローンの返済が月々15万円となる住宅を購入するとすると、返済比率20%以内を目指すのであれば。

15万円×12ヶ月=180万円

180万円÷20%=900万円

900万円以上の手取り金額が必要ということになります。ちなみに返済比率25%の場合で手取り金額720万円が必要です。

生活の変化も事前に予測を


また住宅ローンを組むときに考慮したいのは、将来の生活の変化です。例えば共働きであれば支払えるという住宅ローンを組んだ場合、子供が生まれてどちらかが仕事をやめることになるなどの生活の変化があると一気に返済は厳しくなります。最近は生活の変化で住宅ローン返済が厳しくなったというご夫婦の声もしばしば聞くようになりました。

住宅ローンを組む際には、将来的にどう生活が変化していくかなども考慮した上で金額を決定してみてください。不動産屋さんや銀行はすこし無理なローンであったとしてもルール上可能であれば通す方向で動いてきます。自分の生活は自分で守れるように住宅ローンのことについても考えていただければと思います。

カテゴリーから記事を探す