持ち家と賃貸どちらが得?
2019.8.18

株式会社AWARDです。

持ち家と賃貸とではどちらの方が得なのか、というのはしばしば語られる人生の大きなテーマです。考え方はいくつかあるのですが、本日は主に持ち家のコストの決まり方について考えてみましょう。

持ち家のコストは何で決まる?


持ち家を持つことのコストは一体なにで決まるでしょうか?多くの方が考えるのは、

・住宅ローン

・固定資産税

・管理費、修繕積立金
(マンションの場合)

・その他の修繕費

などでしょうか。実際のところ家を買った場合には長期に渡って様々なコストがかかってきます。しかし、こうした家を取得したときの総合的なコストは表面的に出ていくお金だけでは判断することができません。最も重要なのは、

『家の価値がどのように推移するか』

なのです。

価格下落は含み損に


例えば、4,000万円で買った住宅が、30年後に1,000万円まで値下がりしていたとしましょう。すると、この住宅に対して払った様々なお金に加えて、売却した際には3,000万円の損失がでるため、そこでの売却損も考慮する必要がでてきます。-3,000万円ですから30年間で割ると毎年100万円のコストです。月々8万円超の損失だったことになります。

一方で、4,000万円で買った住宅が、30年後にも4,000万円で売れたとすれば、この家には住宅ローンの金利、固定資産税、管理費・修繕積立金などだけで住むことができたことになります。実質的な負担額は相当小さくなるでしょう。つまり、いかに持ち家にお得に住むことができるか、というのは、いかに値下がりしない家を買うことができるかに大きく左右される、ということになります。

家の価格がどう推移しているかは住んでいるだけではわかりませんが、定期的に調べて資産の状況を把握する意識も大切なことかと思います。

出口まで考えて比較する


賃貸住宅は毎月賃料を支払っているのがコストとして見えやすいのですが、持ち家の場合はすぐ見ることができない価格の推移まで把握しなければ本当の意味でのコストを把握することはできません。価格の下落がおきにくい家であれば、賃貸よりも購入してしまった方がはるかにお得になることが多いですが、逆の場合には賃貸で住んだ方がお得になる可能性もでてきます。

家を買う、買わないというのは人生の中でも大きな決断です。価格の推移が将来的な経済状況に大きな影響を与えるため、こうしたコストの構造についても事前に把握した上で検討ができると良いかと思います。

カテゴリーから記事を探す