他人資本で資産形成
2019.7.16

株式会社AWARDです。

投資の王道と言えば株式投資と不動産投資ですが、その二つを比較しても不動産投資には大きなメリットがあります。それは、人の力を借りて資産形成ができる、ということです。

誰のお金で不動産を買うか?


多くの不動産投資家は、自分自身が手元に持つ現金ではなく、銀行から借入を起こすことによって不動産を購入します。つまり、自分のお金をあまり使わずに価値の大きな不動産を所有することができるということです。株式投資の場合でも信用取引といって自分が持つお金以上に株式を買ったり売ったりすることが可能な制度がありますが、不動産の場合は購入金額の大部分を銀行からの借入が占めることが多いというのが大きな特徴です。

そして不動産投資ですから、購入した不動産は誰かに貸し出したり事業の用途に使うことになります。こうすることで、銀行の力で購入した不動産があなたのために収益を生み出していってくれるようになるわけです。

ローンを払うのは誰?


ただし、銀行から借入をして不動産を購入したからには、その後のローンの支払いは自分が責任を持ってやっていかなければなりません。これだけ見ると、結局のところ自分がお金を払って不動産を購入しているように見えるかもしれません。

しかし、実際にはローンの支払いとともに、不動産を貸している方から家賃が毎月振り込まれてくることになります。そして、その家賃を使って銀行のローンを返していくことが可能なわけです。こうして考えると、借入金を返してくれているのは、実質的には不動産を借りてくれている方になると思いませんか?

銀行の力を借りて不動産を購入し、賃貸住宅に住む人の力を借りて銀行のローンを返済する。これが不動産投資で他人資本を使いながら資産形成ができる理由なのです。

銀行からも賃貸人からも喜ばれる物件を


こうした他の人の力を借りて行う不動産投資ですが、忘れてはならないのが誰からも喜ばれる投資でなければ成立しない、ということです。例えば銀行は不動産投資家にお金を貸してその金利収入を得ていますが、ローンの返済が滞れば困ってしまいます。不動産を賃貸で借りてくれる方は、借りる物件に対して住みたいと感じなければ他の物件に住む選択をしてしまうでしょう。つまり銀行からも、居住者からも喜ばれるような不動産投資でなければ長期的には続かないのです。

逆に言えば、不動産投資家、銀行、居住者すべてが喜ぶような物件を購入することができれば、不動産投資は成功するということでもあります。人の力を借りながら行う不動産投資は、不動産事業と言い換えることもできるのではないでしょうか。ぜひ資産形成の手段の一つとして考えていっていただければと思います。

カテゴリーから記事を探す