自宅購入に投資の視点を
2019.6.20

株式会社AWARDです。

自宅を購入するというのは、多くの日本人にとって一生のうちにある大きなイベントでした。しかし、今後は自宅を購入する際には将来その家をどう活用するかまで考えておく必要があるかと思います。当たり前のように購入される自宅ですが、そんな自宅購入に取り入れたい投資の視点について書いてみました。

自宅の出口戦略は?


投資用の不動産の場合は、基本的にお金をふやすために購入するものですから、収支や売却時の採算などを考えた上で購入なさる方がほとんどかと思います。しかし、自宅の場合は、そうしたことを考えて購入する方はごく一部です。人の人生というのは固定されたものではなく、転職・独立起業・産休育休など様々なことが起こります。そうした場合には、購入した自宅以外の場所に引っ越すことも出てくるのではないでしょうか。

一度買った自宅に住まなくなった場合、その自宅は売却したり人に貸したりということになるでしょう。多くの方は自宅を購入する際に住宅ローンを組んでいますから、そのときに採算がとれる家でなくては家計がかなり苦しくなってしまいますよね。つまり、自宅を購入するときにも、投資用不動産として考えて採算がとれるか、という視点を持つことがとても大切だということです。

月々の収支と売却価格


自宅を購入する際に価値を評価する方法は、厳密には色々とあります。その中でもわかりやすい一つの目安としては、住宅ローンの返済、管理費・修繕積立金、火災保険料、固定資産税などの金額に対して、自宅を人に貸した時の家賃がいくらくらいとれるかでしょう。これが大きなマイナスになってしまう場合は、引っ越して自宅を人に貸した際に家計が大きなマイナスになるので苦しくなります。

また購入した物件がいくらくらいで売却できるかについても検討しておく必要があるでしょう。仮に自宅を人に貸せない場合には、売却する必要が出てくる可能性もあります。しかし、住宅ローンの残債よりも安くしか売却できない場合には、自宅は手放したにも関わらず住宅ローンが残ってしまうことになります。いくらくらいで自身の物件が売却できるかについても事前に検討しておいた方が良いでしょう。

自宅購入にも投資の視点を


自宅の購入というのは、金銭的な要因以外にも住みやすさや、実家との距離など様々な要因が関わってくるかと思います。しかし、そこに経済的な視点、つまり投資としての視点も取り入れることは大切なのではないでしょうか。仮にすごい気に入った物件がみつかったとしても、それが経済的に2,000万円損する物件だったらどうするか?ということです。経済的な視点も取り入れることで、自宅の購入について多面的に捉えることができるようになります。

ぜひこれから自宅を購入したい、という方は参考になさってくださいね。

カテゴリーから記事を探す