お金の大掃除とは?【貯蓄】
2016.12.28

株式会社AWARDの渡邉です。年末が近づいて来て、家の大掃除をしたという方も多いのではないでしょうか。一年の最後に掃除をするのはすっきりして気持ちの良いものですよね。大掃除という考え方はお金にも応用することができるかと思います。

ではお金の大掃除とは具体的にどのようなことをやれば良いのでしょうか。目的としては大まかに現在の家計の状況を把握するということになるかと思います。1年間のお金の動きは家計簿をつけている方ですと毎月追うことができているでしょうが、そうでなければ把握していないことがほとんどです。大まかな状況を把握するのに必要なのは下記のような値になります。

1.年間の手取り収入
2.現在の資産総額
3.年間の資産増加額
4.現在のローン残高

1に関しては会社員の方は源泉徴収票に書いてあります。社会保険料や税金を引いた後に残る、実際に手元に入ってくる金額ですね。個人事業主の方は売上から経費を引いた額となってきます。

2に関しては自身が持っている資産の棚卸をすることになります。どの銀行口座にいくら入っているか、証券口座にいくら入っているか、保険の解約返戻金はいくらかなどを調べてみると良いでしょう。他にも銀行や証券に反映されない資産がある方はそちらもチェックするようにしてください。

3の年間の資産増加額は収入から新たに貯蓄できた額と資産運用で増えた額を足し合わせたものになります。これが黒字であれば1年間を通して資産を増やすことができたことになり、赤字であれば資産を食いつぶしながら生活していたことになります。

そして最後の4のローン残高です。特にマイホームを購入した方は毎年年末にローンの返済が徐々に小さい額になっているはずです。少しずつ減っている残債をみて返済の計画も確認したいものです。

これら1~4に挙げたことをチェックする事でこの1年間お金とどのように付き合うことが出来ていたか大まかにわかるようになります。来年の計画を立てる上でも今どのような状況にあるのかを知るのは大切なことです。お金のこともスッキリと大掃除してみてはいかがでしょうか。

カテゴリーから記事を探す