経験の価値【考え方】
2016.11.8

株式会社AWARDの渡邉です。本日はいつもと少し変わって考え方のお話しになります。

『経験の価値』

について感じたことはありますか?なにかを初めて行うとき、最初から全てが上手くいくことは少ないと思います。車の運転、初めての仕事、スポーツ、、、すべてにおいて、繰り返し同じことを行いだんだんと上手くいくようになっていったり、予想外の事態にも冷静な対処ができるようになっていくのではないでしょうか。

失敗も成功も積み上げることによって、それは自分自身の経験という糧になっていきます。前職の先輩から、

『すべての仕事はあなたの人生にとって意味がある』

と言われたことがあります。仕事に絞っての言葉ですが、ほぼ全ての事象がこれには当てはまるように感じます。

ただし、同じ事象がその人に起こったとしても、そこから何を学び糧とするかは人それぞれです。失敗したことを漫然とやりすごし同じ失敗を何度も繰り返すのか、それとも検証を加えて次に同じ状況になったときに改善した行動がとれるのかはその人次第である、ということです。

資産運用においても、このような『経験を積む価値』については同じことが言えるかと思います。わたし自身、過去に資産運用で失敗したことは大小含め何度もあります。ただその度に次に同じ失敗を繰り返さないように検証を加え継続して運用を続けることができました。

きっと今後も様々な失敗をするのでしょうが、その度に経験値が上がっているとすればどのような経験にも価値がありますよね。本日から明日にかけては米国大統領選があります。8年ぶりに米国のトップが変わるこちらのイベントも、現在資産運用をしている方にとってはめったに経験できない貴重な経験となるのでしょう。

起きていることは同じイベントでも、どのように情報を収集して、その中から自分自身の体験としてなにを残すことができるかというところまで追求できれば素晴らしいのではないでしょうか。わたし自身も貴重な経験を次の機会に誰かに伝えられるようにしっかり向き合いたいと思います。

カテゴリーから記事を探す