菅首相、総裁選不出馬

ライフプランニング

株式会社AWARDの渡邉です。

昨日昼頃に飛び込んできた菅首相、自民党総裁選不出馬のニュース。多くの方が続投だと考えていた中で、任期満了で首相の任を他に譲るという選択を菅首相がしたというのは、サプライズだったのではと思います。

菅首相の自民党総裁選出馬表明でなにが起きたのかについてチェックしておきましょう。

突然の不出馬表明


9月3日の午後、首相は自民党役員会で不出馬の意向を表明しました。2日までは二階幹事長にも出馬の意向を伝えるなど続投に意欲的な姿勢を見せていた菅首相ですが、突然の任期満了での退陣の表明ということになりました。

現在与党である自民党。自民党の総裁=首相という図式が成り立ちます。今月行われる自民党総裁選で菅首相が再任されれば続投の見込みでしたが、その芽はなくなったということで、総裁選で勝った方が10月1日から日本の首相ということになりそうです。

負け戦の中での引き際


正直な話、この1年間、菅首相が担ってきた役割は非常に困難なものだったと思います。東京オリンピックの開催が迫る中で新型コロナウイルスの勢いは止まらず、ワクチンを世界中が欲しがる中で確保へと奔走した無休の1年間だったと言っても良いでしょう。

そんな中で現在の日本のワクチン接種率は、他のワクチン接種で先行している国々に追いつきつつあります。

・コロナのワクチン確保

・携帯料金の引き下げ

・高齢者の医療費負担を1割から2割に引き上げ

など達成した成果も多い中で、評価はされない苦しい役割だったように思います。オリンピックの開催期間にデルタ株が蔓延していったのも、政治的には非常に不利な条件だったと言えるでしょう。

不出馬のニュースが駆け巡った後に報道陣に語った言葉は「このコロナ対策と選挙活動、こうしたことを考えた時に実際、莫大なエネルギーが必要でありました。そういう中でやはり両立はできない。新型コロナウイルス、この感染拡大を防止するために私は専任をしたい」といったものでした。

政権運営に行き詰まっており、追い込まれての退陣なのは間違いないですが、新型コロナウイルスの感染拡大の防止への専念、というのも実際の気持ちとして強いのではないでしょうか。

不出馬表明で株価は上昇


菅首相の不出馬表明は大きなサプライズでしたが、株価はなんと上昇しました。日経平均株価などは不出馬表明が伝わった後に大いに上がっています。通常は不確実性が増したときに株価は下がる傾向があるのですが、菅首相が交代するということをポジティブに捉える市場関係者が多かったということになるでしょう。

今後は自民党の総裁選の行方が日本においては大きなイベントになります。菅首相は発信や国民に対するビジョンの提示などを苦手とする印象でしたが、発信力がある巻き込み型のリーダーを今は国民が求めているかもしれませんね。総裁選の行方はわかりませんが、どのような結果になるのかしっかりチェックしていきたいと思います。


執筆者:渡邉亮

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しています。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

カテゴリーから記事を探す

お問い合わせはこちらから