日本の富裕層

ライフプランニング

株式会社AWARDの渡邉です。

富裕層というと、いったいどのくらいのお金を持っている方のことを指すと思いますか?10億以上持ってる方が富裕層であるというイメージの方もいれば、数億円持っていたら富裕層なのではないか、と考える方もいらっしゃることでしょう。

本日は富裕層の定義の一例日本における富裕層の数についてご紹介させていただきたいと思います。

資産1億円以上が富裕層?


富裕層という言葉に対しては実は明確な定義がありません。が、コンサルティング会社である野村総合研究所では純金融資産1億円以上というのを一つの定義として採用しています。

純金融資産とは、預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険など、世帯として保有する金融資産の合計額から負債を差し引いた額のことになります。概ね不動産を除いた純資産がいくらあるかで定義される、ということですね。

野村総合研究所では、2019年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模を、各種統計などから推計しているのでその結果について見てみましょう。

純資産1億円以上の世帯数


分類
純金融資産 世帯数 割合
の順で並べてみると、

超富裕層
5億円以上 8.7万世帯 0.2%

富裕層
1億円以上5億円未満 124.0万世帯 2.3%

準富裕層
5千万円以上1億円未満 341.8万世帯 6.3%

アッパーマス層
3千万円以上5千万円未満 712.1万世帯 13.2%

マス層
3千万円未満 3千万円未満 4215.7万世帯 78.0%

となります。

このデータから見ると、純資産が1億円以上の富裕層と言われる世帯は日本で132.7万世帯あることがわかります。全体から見ると2.5%に上りますから、意外といらっしゃることがわかります。

一番多いのは3千万円未満のマス層となりますが、3千万円以上のアッパーマス層以上の数を足し合わせていくと、全体の22.0%を占めることになります。世帯で3千万円以上あると、将来的な不安などはかなり和らいでくると思われますので、まずはアッパーマス層を目指す、というのはアリかもしれませんね。

増えている富裕層


ちなみに富裕層の数は年々増え続けています。こちらの推計は2年に1回ごとに行われているのですが、10年前の2009年のデータと見比べてみると、

超富裕層 5.0万世帯⇒8.7万世帯

富裕層 79.5万世帯⇒124万世帯

といったように、大きく数が増えています。ここ10年ほどは株高も続きましたから、それらの影響も受けて資産が殖えた方が多かったのではないでしょうか。

現在の日本ではポイントさえ押さえれば資産を増やしていくことは難しいことではありません。実際に資産を大きく増やしている方々がいるわけですので、そういった方が活用している知識や知恵でより多くの方がお金に困らないで余裕のある生活が送れる状態を作れればと思います。


執筆者:渡邉亮

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しています。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

カテゴリーから記事を探す

お問い合わせはこちらから