新型コロナ対策融資
2020.4.17

株式会社AWARDです。

新型コロナウイルスでご自身で事業をやっている方の中には、厳しい日々が続いている方もいらっしゃるかと思います。こうした厳しいときを乗り切るためには、政府の施策の中で使えるものを十分に活用することも大切でしょう。本日は政府系の金融機関からの融資で特に使いやすそうなものについてまとめてみました。

政府系の金融機関とは?


政府系の金融機関はいくつかありますが、中小企業向けの機関として挙げられる名前は大きく2つあります。

・日本政策金融公庫(公庫)

・商工組合中央金庫(商工中金)

の2つです。商工中金は会社の規模感によってはハードルが高いため、より使われる金融機関としては公庫の方になるでしょう。

この公庫は融資をするだけの金融機関であるため、銀行のように通帳などはなく口座が開設されることはありません。返済時にはすでに開設している銀行を使用することになります。

また、独自の判断に基づいて融資するので、まだ決算を一度もやったことのない設立したばかりの会社にも融資をしてくれることがあります。

新型コロナ対策の公庫の融資


公庫の融資の制度は多岐に渡りますが、コロナ関連の融資制度としては、

①セーフティネット貸付

②新型コロナウイルス感染症特別貸付

③新型コロナウイルス対策マル経融資

④危機対応融資

⑤特別利子補給制度

が創設されています。この中で最もハードルが低く、実質的な無利子化も可能なのが、②の新型コロナウイルス感染症特別貸付となっています。こちらの条件を見てみると、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【融資対象】次のどちらかに該当する方(個人事業含む)

① 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年同期と比較して5%以上減少した方

② 新規設立や多額の設備投資を行っているために単純に過去との比較ができない場合は、最近1ヵ月の売上高が次のいずれかと比較して5%以上減少している方

イ.過去3ヵ月(最近1ヵ月を含む)平均売上高

ロ.令和元年12月の売上高

ハ.令和元年10月~12月の売上高平均額
ただし、個人事業主に関しては必ずしも上記要件をみたしていなくても事業説明によりOKとなる場合もあります。

【融資限度額】6000万円

【貸付期間】最大15年(設備資金は20年)

【据置期間】最大5年

【金利】3000万円まで当初3年間は0.46%(ただし条件を満たすと3年間は利子補給により金利0%)、4年目からは1.36%

【利子補給(金利ゼロ)の要件】

① 個人事業主は要件なし

② 小規模事業者(製造業、建設業、運輸業、その他の業種は従業員20名以下、卸売業、小売業、サービス業に関しては従業員5名以下)については売上高が15%減少していること

③ ①②以外は売上高が20%減少していること

【利子補給期間】3年間

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの融資制度は直近の売上高が減少していると対象になります。また金利ゼロの条件を満たせば、3年間利子ゼロで資金を借りることができるので、計画的に利用することができれば事業を大きく支える融資制度となります。

手元の資金があるということは、事業をやっている方にとっては非常に大切なことです。現在審査はかなり込み合っているようですが、公庫としても迅速な審査を目指しているようです。活用できそうな方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

カテゴリーから記事を探す