パーソナルファイナンス って知っていますか?【生き方】
2016.5.18

株式会社AWARDの渡邉です。皆さんは パーソナルファイナンス 、という言葉をご存知でしょうか?あまり聞き慣れない方の方が多いのではないでしょうか。『ファイナンス』というからにはお金の事だろうと予想はつきますが、正しく理解できている方はとても少ないと思われます。今回はそんなパーソナルファイナンスについて取り上げていきます。

パーソナルファイナンスというのは個人におけるお金の流れを管理することを指しています。個人の経済活動、家計、資産などを総合的に把握することで安心して人生を送ることが出来るようにするものです。これに対してパブリックファイナンスという言葉も存在しており、企業や自治体、国などの資金の流れのことを意味しています。

日本FP協会のホームページでは、パーソナルファイナンスとは長期的なライフプラン(生活設計)の視点に立った「個人のファイナンス」のことであると定義しています。個人の生き方が多様化するなか、一人ひとりの生き方にあったお金の知識や活用方法を身につけ、家計の適切な管理や合理的なライフプランを立てることが必要不可欠であるとしています。FP協会としてもそのための教育活動などにも力を入れているそうで、わたしたちが目指すところにも近いように感じます。

多くの人が描く夢や目標は、お金がなければ実現することが不可能です。お金と関連させて人生設計を考えなくては、その設計は現実的なものには成り難いと言えます。つまり、パーソナルファイナンスとは人生設計そのものである、と言うこともできるのではないでしょうか。

人生設計を考えるということは、当然自分がどんな仕事をやりたいか、やっていくべきなのか、といったキャリアプランについても考えていく必要があります。何をして、どれくらいのお金を稼いでいくかによってもパーソナルファイナンスは大きく変わるためです。

みんな目指す生き方は異なる訳ですから、パーソナルファイナンスも人によって全く異なってきます。ただし、必ず考えておくべきことや、お金の貯め方、殖やし方などの基礎となる部分は共通しています。パーソナルファイナンスの基礎を押さえることで理想の人生を実現させていけると良いですよね。次回はそんなパーソナルファイナンスの考え方の基礎について解説していきます。

カテゴリーから記事を探す