クレジットカードの注意点
2020.2.6

株式会社AWARDです。

クレジットカードは後払いができるとても便利な決済手段の一つです。消費税増税後のキャッシュレス還元で、積極的に使うようにしているという方もいらっしゃることでしょう。しかし、そんな便利なクレジットカードですが、使い方を誤ると将来困ることにもなりかねません。本日はクレジットカードの使い方の注意点についてご紹介させていただきます。

やってはいけないこと


クレジットカードの付き合い方として、やってはいけないことの例には以下のようなことがあります。

・短期間での大量のカード申込

・作った直後の解約

・キャッシングの使い過ぎ

・換金性の高い金券等の大量購入

・自分以外にクレジットカードを貸す

・支払いの滞納

等です。これらはそれぞれ信用で成り立っているクレジットカードと消費者の関係性を悪化させる行為になります。短期間での大量のカード申込や、作った直後の解約はポイント目当ての場合などが多いでしょう。作った直後に解約された場合、クレジットカード会社は損をすることが多く、カード会社からの信用は落ちることになります。

キャッシングの使い過ぎや換金性の高い金券等の大量購入なども良くありません。キャッシングは基本的には無担保のローンと同じことなので、カード会社にとってはリスクが高い貸し付けになります。そこから得られる利息はカード会社の収益源でもあるのですが、使い過ぎは警戒されます。金券の大量購入は、ショッピング枠の現金化を疑われることになるため、そこも好ましくないでしょう。

自分以外にクレジットカードを貸したり、支払いを滞納するというのは、意外とやりがちなことかと思います。しかし、これらはクレジットカードからは禁じられている行為です。他の人にカードを貸していることが発覚すれば、そのカードは使えなくなる可能性が高いですし、支払いの滞納は信用のおけない人として記録が残ることになります。

記録はいつまで残る?


クレジットカードの使い方に関する記録は、信用情報機関というところに残ることになります。新規の申込は6カ月、支払いの遅延は5年、強制解約や破産は5年または10年などの期間が定められ、その期間は新規のカード申込や銀行でローンを組みたいときなどに照会される情報になるのです。

また、こうした期限が過ぎたとしても使用記録はそのカード会社自体にはずっと残っていると考えた方が良いです。一回良くない利用者としての記録がつけば、その会社でカードで再度カードを作ろうと思っても断られる可能性は高いと考えておきましょう。クレジットカードのクレジットは信用という意味です。信用を積み重ねる使い方を心がけましょう。

カテゴリーから記事を探す