どの専門家に依頼する?
2020.1.26

株式会社AWARDです。

皆さんは自分の周りで困りごとがあったときに、どういった専門家に依頼することを考えるでしょうか。本日は特に金融の分野において頼るべき専門家をご紹介していきたいと思います。

専門分野は様々


金融の世界において、困りごとというのは色々な場面ででてくると思います。例えば一生にうちに何度が経験することになる相続。相続が発生した際に特に頼ると良いのはどのような専門家なのでしょうか。

まず多くの方が思いつくのは税理士さんでしょうか。相続が発生してから10ヶ月以内に相続税を現金で納めなくてはいけないため、その納税額を計算する必要があります。しかし、相続における問題というのは、この限りではありません。

不動産の登記情報を変更するのは司法書士さんの役割であることが多いです。相続財産の中に不動産があったとしたら、早いうちに登記を変更しておかなければ後々トラブルになります。これを何もしないで放っておいたことで、将来的にその不動産が売れなくなるといった事態も起こり得るのです。

また遺産分割協議、つまり相続財産を分ける話がうまく進まないときは、、弁護士さんに登場してもらうことになります。仲裁に入っていただくような形であれば良いですが、それぞれの相続人(相続をする人)が弁護士を立てるようなところまで行ってしまうと、かなり泥沼の相続となりますので円満に解決するためのコミュニケーションも大切です。

チーム力が重要


上記は相続の例でしたが、当然他の分野でも専門家たちのネットワークは重要になってきます。ライフプランに合わせた資産形成の計画を立てる、という場合でも、

・ライフプランを作れる方

・証券が取り扱える方

・保険が取り扱える方

・不動産を取り扱える方

こうした方の力が必要な場合が多いです。お金と上手に付き合うためには、こうした各分野の専門家とコミュニケーションが取れる状態が望ましいと言えるでしょう。

ただし、こうした各専門家からバラバラの提案を受けることで、過剰に商品を購入してしまったり、自身が望んだ結果に近づく提案を受けることができないことも起きてきます。その場合には、全体のコーディネートができる専門家を一人味方につけるようにしましょう。各専門家と連携を取り、こちらの意思や要望をくみ取りながら専門家を動かしてくれる人を味方につけると一貫した問題解決が可能になります。

こうしたことを考えますと、弊社は金融に関する問題を様々な専門家の力を借りながらワンストップで解決する会社として存在しています。専門家のお力をお借りしつつ、皆様の問題解決に一貫してあたることができますのでぜひお気軽にご相談いただければと思います。

カテゴリーから記事を探す