給付型の奨学金
2019.3.17

株式会社AWARDです。

経済的な理由で大学等に行くのがむずかしい場合に、頼りになるのが奨学金です。日本の場合の奨学金は、日本学生支援機構(JASSO)が実施しており、返済が必要な「貸与型」と返済不要の「給付型」の2つの種類が存在しています。多くの奨学金は返済が必要な「貸与型」ですが、2018年度から本格的に始まった「給付型」の奨学金について今回は主にご紹介したいと思います。

給付型を受け取る基準は?


給付型の奨学金は、返済義務のない奨学金ということで、貸与型と比較しても厳しい基準が設けられています。現在は以下のような条件を満たすことが必要となっています。

1、家計:非課税世帯、生活保護世帯
2、学力:学校により成績基準あり
3、人物:給付奨学生としてふさわしいか

高等学校等が定める推薦基準に沿って、高等学校等が給付奨学生に相応しい人を推薦することになっています。推薦基準については、在学する高等学校等により異なるため、家計の非課税世帯という理由だけで支給されるものではありません。

いくらもらえるのか?


これらの条件を満たした上でもらえる金額としては、大学に進学する場合で、

国公立(自宅通学)2万円/月

国公立(自宅外通学)3万円/月

私立(自宅通学)3万円/月

私立(自宅外通学)4万円/月

となっています。私立の自宅外通学であれば、月々4万円が支給されるわけですので、年間で48万円、4年間で192万円が受け取れることになります。これだけで大学に通うのは難しいでしょうが、本当に熱意のある学生の方が進学するにあたっては大きな助けとなる金額なのではないでしょうか。

申込と支給タイミング


給付型の奨学金は進学前の申し込みのみで、進学後の申し込みはできません。貸与型は入学後も奨学金の申し込みができるようになっているため、申し込みのタイミングには注意が必要です。また、制度上、給付型の奨学金と貸与型の奨学金の両方を利用することも可能です。その場合には両方の基準を満たす必要がありますが、奨学金をフル活用することで進学に対する金銭的なハードルは大きく下げることができると言えるでしょう。

なお給付奨学金は、各学校へ進学後に振込みが始まるため、入学金などを支払うタイミングには間に合わないことにも注意が必要です。大学等への進学にあたっては特に大きなお金が必要になってくるものです。必要な金額を必要なタイミングで用意ができるよう計画的に準備することが大切です。

まだ2017年度に始まったばかりの給付型の奨学金ですが、2018年度には18,566人に対して採用されたとのこと。今後制度が拡大して、多くの学生にとって助けになる制度となればと思います。

カテゴリーから記事を探す