電力自由化のメリットとデメリット 【家計】
2016.3.22

株式会社AWARDの渡邉です。前回は4月から始まる電力自由化について、目的や表れていくる効果について取り上げさせて頂きました。今回は 電力自由化のメリットとデメリット についてわかり易く解説していきたいと思います。

電力自由化のメリットとしては以下のようなものが挙げられるのではないでしょうか。

1.電力会社を自由に選べる
2.セット割引等のプランを選択できる
3.競争原理で電気料金が安くなる事が期待できる

今までは地域ごとに特定の電力会社としか契約できなかった訳ですが、これからは色々な電力会社の電気料金プランを比較して選べるようになります。例えば使用によって特定のポイントが付与されるですとか、原子力を使わない環境に優しい電力のみのプランですとか、様々な個人のニーズに合わせて選択できるのがメリットと言えます。

また電力と合わせて、通信やガスなどを見直すことでセットでお得な料金プランなども提供されていくことになります。ガス会社や通信会社が参入してくるのは電力に加えて他のインフラの顧客獲得を狙っているという面もあります。

値段に関しては競争原理で安くなることが期待されているところです。ただし、デメリットで挙げさせて頂きますが、諸外国の例を見ていると必ず安くなるという訳でもないようです。

デメリットとしては以下のような点となるでしょう。

1.安定供給への不安
2.電気料金が上がる可能性もある

新しい電力会社が参入してくるということで、安定供給がされるのかを不安に思われる方も多いのではないでしょうか。こちらに関しては今のところ既存の電力会社が不足分を補う等のルールにより守られていくことになっています。日本は諸外国に比べると高い技術と蓄積されたノウハウがあり停電回数が格段に少ない国です。過度な心配は不要でしょう。

そして電気料金が上がる可能性があるのは、競争原理で料金が下がるというのとは対照的な話になります。これまでの電気料金に関しては、国が一定の監視をすることでコントロールをしていた側面もあります。自由化が始まると需要と供給の一致するところで電気料金が決まることになるため、天候・災害・燃料費の高騰などで高くなってしまうこともあり得ます。最初は競争原理により値段が下がる可能性は高そうですが、長期的に電気料金が下がり続ける保証はないということです。これは現段階ではどうなっていくのか見えない部分となります。

今回は電力自由化のメリット・デメリットについてまとめさせて頂きました。次回は実際に新たに参入する事業者のプランの中身を少し取り上げてみる予定です。

カテゴリーから記事を探す