預金と貯金の違い 【経済】
2016.2.4

株式会社AWARDの渡邉です。本日は 預金と貯金の違い について書いていきます。皆さん預金と貯金ってどのように使い分けていますか?多くの方が意識して使い分けることはしていないのではないでしょうか?

実は『預金』と『貯金』は、どこの金融機関を使用するかによって呼び方が異なります。銀行や信用金庫等の金融機関に預けたお金のことを一般的には預金と言いいます。そしてゆうちょ銀行、農協等に預けたお金のことを貯金と言います。大きな意味の違いはありませんが一応法令で定められており、もともとは貯蓄を目的とするものを貯金と呼び、決済を目的とするものを預金と呼んでいたようです。ゆうちょ銀行は個人が貯蓄目的に利用することが多かったこと、銀行は企業のお金を扱うことが多かったという歴史もあります。

貯金や預金も資産運用ですよ、というお話をすることがあるのですが『お金を預ける』ことによって金利をもらうという最もリスクもリターンも低い身近な投資ではないでしょうか。『預金保険制度・ペイオフ制度』といったもので国から守られているお金にもなります。リターンに関しては3年ものの定期預金で日本で一番金利の高い銀行でも0.3%/年程度、そして普通預金ですと0.02%/年ほどの銀行が多いです。日銀の発表したマイナス金利の影響で、この金利はまだ0%に向けて近づいていくことが考えられます。100万円預けても金利が0.02%ですと年間に200円程度しか増えません。1~2回ATMで時間外手数料を払うだけで元本割れしてしまう資産運用だと考えると少し辛いものもあります。

ただし、資産運用にはリターン以外にもいくつか考えるべき軸があります。その一つや確定拠出年金ジュニアNISAの回でも取り上げた流動性です。預貯金は流動性という面でも大変優れており、いつでも銀行から引き出すことができます。定期預金でさえ、途中解約では当初約束された金利はもらえませんが元本はすぐに引き出すことができます。預貯金の最大のメリットは安全性と流動性の高さでしょう。他の資産運用に挑戦する際には、預貯金が月の生活費の6~12か月分くらい確保できていると理想的ですね。

本日は預金と貯金の違いと、預貯金の持つ性質について書いてみました。次回は本日のコラムでも出てきた『預金保険制度・ペイオフ制度』について解説する予定です。

カテゴリーから記事を探す