投資で生活するために
2018.9.6

株式会社AWARDです。

資産運用で得られる収益だけで生活する、これは多くの投資家の一つの目標地点かと思います。ではこちらを実現するためには、どのような方法があるのでしょうか。

トレードの技術を磨く


資産運用の種類には様々なものがありますが、その一つがトレードになります。毎日の値上がり値下がりの幅を利益に変えていくため、腕次第で大きな利益をあげることが可能です。FXや株式、先物などのトレーダーの中には年間で100%以上の利益をあげることを当たり前のようにしている方々もいます。

ただし、これらは本当にその道を探求して時間を使ってきた方々がたどり着ける到達点になります。トレーダーは世の中に多々いますが、勝ち続けているトレーダーの数というのは決して多くはありません。大きな富を築いてメディアに取り上げられたトレーダーが、景気の変化で一気に資産を失い破産というようなケースもしばしば聞きます。またトレーダーは自分の時間を多々使っているため、そこで得られる収益は労働収入に近いとも言えそうです。

大きな借入を起こし不動産


次に考えられるのは大きな借入を起こして不動産を購入する方法です。不動産投資においては、銀行から低金利で借り入れたお金で資産運用をすることができますので、上手に行えば早い段階で投資のキャッシュフローで生活ができるようになるようになるでしょう。

こちらの方法のデメリットとしては、変な物件を掴んでしまうと逆に資金的に困窮してくる可能性があるということでしょうか。借入金よりも大幅に価値が低い物件を買ってしまったようなケースですと、途中で売却することもままならず、空室や修繕金などで手持ちの資金がどんどん流出していってしまうようなこともあり得ます。こちらの方法を選択するのであれば、相当な研究をしてからをお勧めします。

元本を殖やす


ある意味もっとも堅実な方法が元本を殖やしていく手法でしょう。元本が大きくなればなるほど低い利回りだったとしても得られる投資収入は大きくなります。元本を殖やすというのは、自身が働いて得たお金、投資で得たお金をどんどん追加で投資にまわしていくということです。

元本が1,000万円で年利5%の投資をしても、得られる利益は年間50万円です。しかし、1億円で年利5%の投資をすれば得られる利益は年間500万円です。500万円の利益から税金を引いたとしても400万円程度は残りますから、月々換算の利益は30万円以上です。これ以上の元本があれば、最低限投資で生活ができる範囲には入ってくるのではないでしょうか。自身が得た利益を良い投資商品に対して積み上げていくだけで実現できるので、最も安定感のある方法かと思います。

いかがでしたでしょうか。どこを目標地点にするかにもよりますが、資産運用で得られる収益だけで生活するというのは不可能な道ではなく、計画的に実行することで可能です。ただし、取るべきリスクやかかる時間はそれぞれ異なりますので、自分自身が負えるリスクと、かけることができる時間を考えた上で資産運用の計画は立てていっていただければと思います。

カテゴリーから記事を探す