不動産投資について【運用】
2016.11.14

株式会社AWARDの渡邉です。銀行の預金金利が0.001%ととても低くなってしまっている中、国内での有力な資産運用の手段としてあがってくるのが不動産です。不動産投資と一口に言っても、

・ワンルームマンション投資
・マンション、アパートの一棟もの投資
・シェアハウス運営
・民泊

等の様々なものがあるのですが、それぞれ得られるメリットとデメリットは異なっています。

『自身が何を求めて資産運用をするのか』

を明確にするのが大切で、日々のキャッシュフロー(月々得られるお金)を増やしたいのであれば、大きな借り入れを銀行から起こして一棟ものの不動産を購入するか、シェアハウス運営や民泊といった事業の要素を併せ持った不動産の経営を行う必要がでてきます。自分のポートフォリオに組み入れる長期的にみて利益を生み出すも不動産が欲しいのであれば中古のワンルーム投資なども合っているでしょう。

わたし自身も区分でいくつか不動産を持っておりますが、ポートフォリオ全体で見ると安定した現物資産としての価値があるように感じています。月々のプラスが出る状態になってくると、あまり手をかけなくてもお金を生んでくれるので良い運用と言えるでしょう。ただし、入居者が出てしまった際などには、新たな入居者が決まるまでのローン返済や修繕費管理費などを自分自身で負担する必要があるので、しっかり流動性の資産も用意しておくのが長期的に不動産投資を続けていくポイントになります。

弊社では資産全体のポートフォリオを設計して、市場がどういった状態でも安定しながらお金を殖やせる状態を作るのをお勧めしています。不動産投資をしている方は不動産だけに資産が偏りがちになるのですが、しっかりとその他の預金、証券等の流動性の高い資産も持ちつつお金を殖やしていくのが良いのではないでしょうか。不動産の大きな弱点のひとつは流動性の低さになりますので、他の資産を併せ持つことで弱点もカバーしながら運営ができると理想的な状況を作れると思います。

カテゴリーから記事を探す