ブラックマンデーから29年【投資】
2016.10.19

株式会社AWARDの渡邉です。29年前の本日、世界では株式市場を揺るがす出来事がありました。それは、『ブラックマンデー(暗黒の月曜日)』と呼ばれる日になります。未だに日経平均株価で言えば過去最大の下落記録であり、世界史に残る日でもあります。当時の記録を今回のコラムでは改めて振り返ってみたいと思います。

1987年10月19日、NYダウが前日の2,246ドルから1,738ドルへと22.6%もの急落となりました。それまでの記録であった1929年の世界恐慌時の下落率を上回る大幅な下落となります。その影響は翌日に日本市場でも出てきて、10月20日、日経平均株価は25,746円から21,910円へと3,836円、つまり14.9%もの急落となりました。この金額は1日での日経平均の下落幅・下落率で過去最大となっています。日本ではその日の株価はほとんどの銘柄でストップ安になっていたそうです。

この一連の株価の急落が『ブラックマンデー』と呼ばれています。いくつか原因として挙げられている説はありまして、

・米国が財政と貿易の「双子の赤字」に苦しんでいたこと
・日本の1985年のプラザ合意後のドル安・円高懸念
・米市場で導入され始めたコンピューターによる売買システム

等がありますが、結局のところ後付の理由があるだけではっきりとした原因はわかっていません。そして、ブラックマンデーの翌日には、日経平均もNYダウも一転して大幅高となり、ブラックマンデーは短期間で落ち着くことになります。日経平均はその後バブルへと突入していき、1989年12月には4万円直前まで上昇し過去最高の数値を記録することになりました。

今から29年前ということで市場が未熟であったから起きたという見方もありますが、今後絶対に起こり得ない出来事であるとは言い切れないでしょう。現在も市場はブラックマンデー当時とは違うリスクをはらんでいます。

外国人投資家の割合の上昇
複雑化、細分化した金融商品の台頭
緩和マネーが溢れている市場

過去にあった出来事は今後も繰り返す可能性を忘れてはならないですし、投資家はその出来事から学びを得る必要があるとも言えるでしょう。またこうやって振り返ってみると、ブラックマンデー当時のNYダウは2,000ドル前後なのに対し、現在のNYダウは18,000ドル台と9倍近い値になっていることが分かります。これに対し日経平均株価は20,000円台前半だったのが、今は17,000円前後。成長していないどころか、やや下がっていることにも気付かされます。29年間で9倍に株価が成長した米国と、株価が下がってしまっている日本。こういった事実を知っておくのも今後の投資を考える上で参考になるのではないでしょうか。

『投資家として成功したいなら、投資の神様といわれている人々の話を聞くよりも、歴史や哲学を学んだほうがいい』というジム・ロジャーズ氏の言葉を引用させて頂き、本日のコラムのまとめとしたいと思います。

カテゴリーから記事を探す