ポケモノミクス知っていますか?【株】
2016.7.21

株式会社AWARDの渡邉です。日経平均株価は連日堅調で16,000円台後半から17,000円を狙うような動きをしています。参院選以降は円安も進んでいるので日本企業全体にとっても少し安心できるムードが出てきていますね。さて、そんな堅調な日本株ですが、その中でも特に注目されている銘柄があります。ニュースなどでも話題になっているため知っている方も多いかと思いますが、『任天堂』です。

世界各国でスマートフォン用ゲームである『ポケモンGO』が大人気のようです。すでに世界30カ国以上で配信され各国のユーザーが楽しんでいるようです。わたしのカナダにいる友人も、ポケモンがいる場所に人が群がる様子などを写真で教えてくれました。このポケモンGOですが、近々日本でも配信されるとされています。

ポケモンGOの人気に伴い、任天堂の株価も急上昇しました。7月7日時点での株価は15,000円前後であったのが、19日には30,000円を超えるところまで急上昇しています。わずか12日間で2倍になってしまったということですね。ガンホーのパズドラ、mixiのモンスターストライクのときにも両社の株は急騰してましたが、今回の任天堂もかなりの盛り上がりを見せています。

ポケモンGOはGPS(全地球測位システム)やAR(拡張現実)といったものを活用したゲームということで、他で開発が進んできた技術がゲームに取り入れられているといったもののようですね。20日に配信が開始されるという噂もありましたが、こちらは延期されているようです。延期といった情報によっても短期での株式売買が行われるため急な株価の変動があって面白いです。

20日の株式市場での任天堂株の売買高は1銘柄だけで7323億円に上っています。これは任天堂という個別株としては過去最高を連日更新する記録だそうです。この額は東証1部全体の売買高27%を占める額とのことで任天堂一社の動向に日経平均株価が左右されているとも言えるでしょう。またマクドナルドなどもポケモンGOとの提携を発表して関連銘柄として株価が上昇するなど、市場全体でポケモンGO関連のニュースは存在感を放っています。

普段は個別株はあまり見ないのですが、日本発のポケモンGOが世界で大人気というのはなんだか嬉しいものですね。任天堂の株価はしばらくチェックしていきたいと思います。

カテゴリーから記事を探す