確定拠出年金の運用先

年金

株式会社AWARDの渡邉です。

すこしずつ認知度上がってきている確定拠出年金。勤め先の企業で企業型確定拠出年金に加入しているという方もいれば、自分自身でiDeCoに加入しているという方もいるでしょう。

企業や自分が積み立てたお金で年金を作っていける確定拠出年金ですが、やり方次第でもらえる額は大きく変わってきます。本日は確定拠出年金における運用先について考えてみましょう。

安全性重視の場合


確定拠出年金は自分で運用先を選ぶため、どこを運用先にするかが最終的な結果に大きな差となります。

初期設定や、安全性重視の運用をしている場合は、運用先は元本保証の預貯金になっていることが多いです。長期的に運用してお金を殖やすという意味では預貯金を選択するのはあまり相応しくないですが、どうしても安全性や減らないことを重視したいという場合は、預貯金が最も確実な選択肢になります。

その場合は積み立てたお金は殖えないため、確定拠出年金を積み立てることによる節税メリットだけ享受することになるでしょう。しかし、意外と節税効果だけでも小さくはなく、例えば年収500万円の会社員の方がiDeCoで上限額となる月々23,000円を積み立てた場合、1年あたりの所得税・住民税の削減効果は55,800円となります。これを20年間継続した場合は、1116,000円ほどの税金を削減できることになります。

リスクを取って運用すると


一方でリスクを取って運用を行う場合は、どういった投資先を選べば良いでしょうか。リスクを取った運用に最も向いているのは株式型の投資信託でしょう。超長期で見た場合、株式は上昇していく性質を持っているため、長い期間を使って年金を作っていく確定拠出年金の運用先としては、非常に向いていると言えるでしょう。

途中で一時的にマイナスになることはあるでしょうが、あまり気にし過ぎることはありません。過去の歴史を見ても大きく株式相場が下落した後、時間をかければ元通り以上の価格になることが実証されています。

先ほどと同じように月々23,000円を20年間積み立てる場合、現預金と投資信託それぞれを運用先に選んだ場合でできる金額を見てみましょう。現預金の利率が年間0%、投資信託の利率が年間4%だとすると、

《現預金》
552万円

《投資信託》
855万円

といったように300万円程度の差がつくことになります。積み立てる際に毎年受けられる所得税・住民税の軽減効果はどちらも同様に受けられますから、リスクをとって運用先を選ぶことによる効果は大きいと言えるでしょう。また殖えた分に関して途中で税金がかかることもありません。

確定拠出年金は積極運用がお勧め


確定拠出年金は税制優遇も大きい制度です。普段はあまり資産運用はやっていないという方でも、制度の趣旨を考えると、確定拠出年金での運用先は積極的にリスクをとって投資信託にしておくことがお勧めです。60歳まで出せないというデメリットが確定拠出年金にはありますが、引き出しの制限がじっくりと運用でお金を殖やすのにはむしろ向いているとも思います。

世の中には確定拠出年金の制度がある企業に勤めていて加入はしているけど、運用先は一回も変えたことがない、なんて方も多いようです。そんな方は一度確定拠出年金の中身をしっかり確認して、運用先を振り分けてみてはいかがでしょうか。


執筆者:渡邉亮

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しています。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

カテゴリーから記事を探す

お問い合わせはこちらから