FIREへの道
2021.5.1

株式会社AWARDの渡邉です。

最近FIREという言葉を耳にすることが増えてきました。

FIREとは、Financial Independence,Retire Earlyの略であり、経済的独立と早期退職を目標とするライフスタイルを啓蒙するムーブメントになります。簡単に言えば、貯蓄+投資収入で残りの人生の生活をおくれる状態を作る、ということです。

本日は現実的にFIREを目指すための方法について、ご紹介していきたいと思います。

なぜFIREが話題に?


FIREの人気が高まっていることには、若者の将来に対する不安や、経済的な自立に対する渇望があるのでしょう。わたし自身も会社員として働いて得られる収入に依存せずに経済的に自立する状態を作りたいというのは、わりと早いうちから考えていました。

年金が減ると言われていたり、雇用が流動化して終身雇用が当たり前になっていたり、世帯人数が小さくなり家族全体で支え合うという文化が薄くなったりしている現代では、経済な自立が投資で達成できる、というのは非常に魅力的なことなのでしょう。

経済的な自由を目指すために投資を行いましょうという話自体は、昔から情報としてはありました。しかし、YoutubeやTwitterなどで質の高い情報が多く発信される時代になったことで、より投資などの情報に触れる方が増えたこともブームの形成に大きく影響していると考えられます。

逆算でFIREを目指す


FIREを達成するには、貯蓄と投資収入だけで生活を賄える状態を作らなければなりません。そのためには、まず自分の生活費がどのくらいかかっているのかを把握する必要があります。

月々20万円で生活できる人と、月々50万円ないと生活できない人とではFIREに必要な金額は全く異なってきます。年間の支出額の4%を投資に回している状態が作れればFIREは達成できると言われているため、月々20万円で生活できる人の場合は、

20万円×12か月÷4%=6000万円

月々50万円ないと生活できない人では、

50万円×12か月÷4%=1億5000万円

を投資に回している状態が必要ということになります。結構大きな金額ですよね。

6000万円作るには?


上記の通り月々20万円で生活できる人は6000万円を投資に回せればFIREが見えてくることがわかりました。では6000万円を作るにはどのように投資を進めれば可能なのでしょうか。例えば手取り月収が40万円という方の場合、月々20万円で生活できるのであれば月々20万円を貯蓄や投資に回せることになります。月々20万円を年利4%で投資していくことを考えると、

約17年間

で6000万円のお金を作ることができます。すると17年間かけてFIREは達成できるということになりますね。

FIRE達成を現実のものにするには、

・収入

・支出

・投資戦略

の3つのバランスが非常に大切になります。収入が大きく、支出が小さく、投資戦略が優れていれば、FIRE達成のスピードは早まることでしょう。もしFIREを目指したい、という方がいらっしゃいましたら、気軽にご相談ください。必要なことなどをお伝えさせていただきます。


執筆者:渡邉亮

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しています。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

カテゴリーから記事を探す