世界長者番付2021
2021.4.7

株式会社AWARDの渡邉です。

Forbesが今年で35回目となる毎年恒例の「世界長者番付」を発表しました。毎年すごい面々が上位に並ぶ世界長者番付ですが、今年の1位はどなただったのでしょうか?

今回は世界のTOP10までをご紹介させていただき、明日は日本のTOP10をご紹介させていただこうと思います。

世界の長者番付TOP10


それでは早速世界の長者番付TOP10をご紹介させていただきます。

https://www.forbes.com/billionaires/

から飛べるForbesの英文サイトからデータを引用させていただいております。

名前、国、関連企業、資産額の順で並べさせていただきますね。

1位 ジェフ・ベゾス
米国 Amazon $177B

2位 イーロン・マスク
米国 Tesla, SpaceX $151B

3位 ベルナール・アルノー
フランス LVMH $150B

4位 ビル・ゲイツ
米国 Microsoft $124B

5位 マーク・ザッカーバーグ
米国 Facebook $97B

6位 ウォーレン・バフェット
米国 Berkshire Hathaway $96B

7位 ラリー・エリソン
米国 Oracle $93B

8位 ラリー・ペイジ
米国 Google $91.5B

9位 セルゲイ・ブリン
米国 Google $89B

10位 ムケシュ・アンバニ
インド RIL $84.5B

ベゾス氏とマスク氏とバフェット氏


1位はAmazonの創業者であるジェフ・ベゾス氏でした。その資産額は$177B4年連続の首位となり、日本円に換算すると19兆円以上の資産を持っていることになります。

また2位はTesla、SpaceXの創業者であるイーロン・マスク氏となりました。マスク氏は昨年の31位から大幅アップでの2位となります。昨年時点での資産額は$24.6Bとなっていますから、たった1年間で資産額は6倍以上になった、ということですね。これは保有しているTeslaの株価が大幅に上昇したことによるものです。

なお、世界一の投資家と言われるウォーレン・バフェット氏は、こちらのランキングでは実に20年以上ぶりにTOP5に入らないことになりました。この1年間の株式相場はグロース株が非常に好調でしたから、バフェット氏の得意とするバリュー株投資への寄与は相対的には大きくなかったと言えるでしょう。

世界TOPクラスのお金持ちの共通点


こうして世界のTOPクラスのお金持ちの顔ぶれを見ると、全員企業の経営者であることがわかります。現在世の中に大きな影響を与えている企業を創業した、という方がたくさんいらっしゃいます。

Amazonのジェフ・ベゾス氏、Teslaのイーロン・マスク氏、Microsoftのビル・ゲイツ氏、Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏、Oracleのラリー・エリソン氏、Googleのラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏らがたった一代で生み出した企業は、わたしたちの生活をとても便利にしてくれていますよね。

事業を起こし世の中に大きな影響を与え、その企業が上場して株価を伸ばす。これが一代で世界TOPクラスのお金持ちになる方々の共通点と言えるのではないでしょうか。また、こうした面々が起こした企業の株式はわたしたちも購入することが可能です。その点にもぜひ着目しておきたいですね。明日は日本の長者番付2021のTOP10をご紹介いたします。


執筆者:渡邉亮

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しています。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

カテゴリーから記事を探す