ビットコイン乱高下
2021.1.12

株式会社AWARDの渡邉です。

ここ最近急激に価格が伸びたことで脚光を浴びていたビットコイン。そんなビットコインですが、昨日から本日にかけては価格が100万円以上下落しました。

本日はこの下落に関して考察をしてみましょう。

ビットコインの本質的な価値は?


まず前提としてビットコインには本質的な価値がありません。例えば預金であれば引き出したり電子決済を使うことで日本全国どこでも通貨として通用します。様々なサービスを受けることができますし、モノと交換することもできますよね。預金残高にある数字は信頼性があると考えることができます。

また株式に関しては株式会社が利益をあげたときに配当を貰う権利が株主にある、ということが法律で定められています。また株式会社が解散したときには中に残っているお金を株主が受け取ることができます。そのため、利益をあげている会社、資産を持っている会社の株式であれば、ある程度の適正価格を計算できることになります。

しかし、これらの例と比べると仮想通貨は価値の付き方が非常に曖昧です。価格の根拠は乏しく、本質的な価値を計算する方法は今のところない、と言っても良いでしょう。ただ、買いたい人と売りたい人が同意をしている値段でやり取りがされていることで、市場での価値が定められています。計算方法はないですが、価値の付き方は株式と似ている面もありますね。

急騰も急落も起こりやすい


そのため、急激な価格の上昇や急激な価格の下落も、起こりやすい資産であると言えます。今回ビットコインの価格は24時間で100万円ほど一時的に下落しましたが、逆に昨年末から今年にかけてはすごいスピードで急騰したのは皆さんもご存じの通りです。本質的な価値が誰にも分らないため、価格が乱高下するのはある程度仕方のないことだと割り切るべき資産です。

ちなみに2021年1月11日には、英国の金融行為監督機構が、仮想通貨への投資リスクに注意を促す声明を出したそうです。内容としては、

「投資する場合は資金を全て失うことを覚悟しなければならない」

というもので、投機性の高さを十分に理解することを促す声明と言えます。過去にも200万円台から、30万円台まで下落したこともあるビットコイン。そういう性質の資産であることは十分に理解しておく必要がありますね。

それでも将来は有望?


とはいっても、現在ビットコインの将来性はまだまだ有望である、と考えている方が世界には多いでしょう。2021年1月12日1:50頃に1BTC=310万円まで下落したビットコインですが、7:00には1BTC=350万円ほどまで反発しています。下がったら買いたい、と思っている方の数は多いようです。

投機性の高さは理解しつつ、資産の一部に組み入れるのは良いのではないかとわたし自身も思っています。長いスパン(数年単位)で見れば、ビットコインは資金が集まりやすい環境にあるでしょう。規制に関する法律に注意しつつ、取り組むことをお勧めいたします。

カテゴリーから記事を探す