ペイパル、仮想通貨に対応
2020.10.22

株式会社AWARDの渡邉です。

仮想通貨業界にとってビッグなニュースが飛び込んできました。世界中で決済システムとして利用されているペイパルが、仮想通貨の売買を始めるとのことです。

また、売買の開始だけでなく今後ペイパルの決済に仮想通貨が使えるようになるとのことです。このニュースがもたらす影響について考えてみましょう。

ユーザーは3億人以上


ペイパルは今後数週間以内に仮想通貨の売買を米国で開始し、2021年初めには世界のペイパル加盟店2600万店以上で仮想通貨を使った支払いができるようにするとのことです。

現在ペイパルの利用者は世界中で3億人以上存在しています。ちなみに弊社も決済システムとしてペイパルは利用しており、各種の決済に利用させていただいています。なにかしらの支払いをペイパルを通して行っているという方は多いのではないでしょうか。

これだけユーザーを抱えるペイパルで仮想通貨が使えるようになるわけですから、仮想通貨の普及に大きな役割を果たす可能性があります。

利用される仮想通貨は?


今回ペイパルが取り扱うのはメジャーな仮想通貨であるビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4銘柄となります。

顧客はペイパルのアカウントを通じて、

・仮想通貨を売買する

・仮想通貨を保持する

・仮想通貨で決済する

ことが可能になります。

このニュースを受けて仮想通貨の価格は高騰することになりました。ビットコインの価格は、本日の朝7:00時点で1ビットコイン=135万円ほどになっており、前日比で7%ほど高騰しています。

ちなみに最も上昇したのは比較的時価総額が小さいライトコインで、こちらは1日で14%ほど価格が上昇しました。

仮想通貨は普及するのか?


現在世界の仮想通貨の時価総額は40兆円ほど。まだまだ規模としてはテスラ1社の時価総額ほどでしかありません。

世界中で使われていく通貨の規模感としては、まだまだ小さいですね。ペイパルで仮想通貨の売買が可能になることは、仮想通貨の流動性を高め普及を後押しすることは間違いありませんが、価格が安定しないなど決済手段・価値の保存手段としてはまだ課題も多いと言えます。

今後はステーブルコインと言われる法定通貨と価格が連動する仮想通貨が普及に大きな役割を果たしそうです。各国の中央銀行もデジタル通貨の発行は研究を進めているため、業界が大きく変化していくのは間違いありません。ぜひ注目していきましょう。

カテゴリーから記事を探す