バフェット氏が日本株購入
2020.9.1

株式会社AWARDの渡邉です。

世界一の投資家と言えば、この方の名前を挙げる方が多いのではないでしょうか。バークシャー・ハサウェイを率いており、世界長者番付の常連でもあるウォーレン・バフェット氏です。

この度、ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが、初めて日本株を大量に取得したとの報道が流れました。かなり面白いニュースと感じたため、こちらの記事でもご紹介させていただきます。

5大商社の株式を取得


バークシャー・ハサウェイは、伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅の5大商社株を取得したことを公表しました。一つの会社の株式の5%以上の株式を単独で所有する場合には、金融庁の傘下である関東財務局に大量保有報告書という書面を提出する必要があります。今回はバークシャー・ハサウェイがこちらの書面を提出したことと、5大商社の株式をそれぞれ5%超取得したことを明らかにしました。

日本市場に上場している個別株をバークシャーが大量に取得するのは、おそらく初めてのことと見られます。このニュースを受けて、5大商社の株式は一時急騰しました。バフェット氏も声明を出しており、5大商社が世界中で合弁会社を作っていることや、相互に利益をもたらす協業の可能性について触れられています。

お買い得な日本株


現在米国株は史上最高値水準にあります。新型コロナ対策で行われている金融緩和の影響が大きいですが、それでも実際の企業の業績に対して割高なのではと見ている方も少なくはないでしょう。一方で日本企業も利益に対する株価でみると割高な状態となっていますが、保有している資産額に対する株価で見るとかなり世界的にも割安な水準にあります。

こうした相対的にみて割安と考えられる株式というのは『バリュー株』と言われたりしますが、今回バークシャーが5大商社の株式を購入したのも、それらがバリュー株であると評価したからなのではないでしょうか。また商社は世界中の資源に対して大きな投資行っているため、新型コロナウイルスの影響が落ち着き、資源価格が上がってくる際に業績が大きく回復することを狙っている可能性もあるでしょう。

日本市場が盛り上がることも


今回のバークシャーの投資については海外でも報道が行われているため、海外の投資家が日本市場に注目するきっかけにもなり得るかと思います。現在世界では『グロース株』と言われる成長著しい企業の株式が高く評価される傾向があります。この傾向に変化が出てきて『バリュー株』が高く評価されるようになってきた暁には、日本株が注目されるかもしれません。

ちなみに今回のバークシャーが日本株を購入するときの資金には、過去に発行した円建ての社債によって調達したお金をあてたようです。昨年の9月に発行されているものですが、こちらも併せて見るとバフェット氏の投資巧者ぶりを感じることが出来るかと思います。

これら一連のニュースが日本市場の雰囲気をすこし変化させることになると面白いですね。

カテゴリーから記事を探す