投資を長く続けるには
2020.5.20

株式会社AWARDの渡邉です。

投資は長く続けるのが大切だというのは、良く言われるところです。しかし、実際に長期投資で資産を築いたという方は多くありません。過去を振り返ると長く投資を続ければ多くの方は勝つことができたわけですが、なぜ長期投資で利益を出したという方が身近にはあまりいないのでしょうか。

日本株の罪


海外の株式などを見ていると過去の数十年間で株価が何倍にもなっているのは当たり前、すこし長い期間で見れば何十倍にもなっているところがあります。特に新興国の株式やアメリカの株式を見ると、その成長は著しいものがあります。株式は基本的には利益が出るものなのに、なぜかそういった感覚を持っている方が日本には少ないです。その理由の一つとして日本株が長期に渡って低迷したからというのが挙げられるかと思います。

日経平均株価を例に出しますと、バブルのピークである1989年12月29日には終値で38,915円87銭という価格をつけました。対して現在の日経平均株価は20,000円ほどですから、半分になってしまっています。配当などを含めても30年前に日経平均株価に投資した方は、未だにプラスになっていないのです。

ちなみに同期間の米国株式、例えばNYダウといった指標を見てみると株価は10倍ほどになっています。つまり、海外では普通のことだった株価の上昇が日本ではここ30年間ほどは確かな性質として見られなかったことになります。

短期での結果を求める方が多い


こうした日本株の性質に加えて、多くの投資家は目先の結果を求めてしまう、というのも長期投資で財をなした方が少ない理由です。例えば米国株に平均的に30年間投資をしていたなら資産が10倍になった、というのは事実ですが、30年間米国株を持ち続けることができた方は周りにいらっしゃるでしょうか。そういった方はすくないはずです。

そもそも投資の教育があまりされていないという問題もありますが、長期投資で結果が出ることに確信をもって取り組めている方というのがさほどいなかったというのもあるでしょう。そのため、長期投資に対する確信を自分の中で高めておくというのも、じっくりと構えて投資を成功させるコツとなります。

確信が持てる投資先に長く投資を


投資で結果を出すためには、長く取り組むことが大切です。そのため、長く取り組めるように自分の中で投資方針を確立することが重要かと思います。ぶれない方針があれば、人の意見や相場に惑わされずに長い期間投資に取り組むことができそうです。ぜひ皆さん学んで確信が持てる投資先を見つけてみてください。確信が持てる投資先に長く投資を続けることが、結果を出すための近道なのではと思います。

カテゴリーから記事を探す