お金持ちは時間持ち?
2020.5.8

株式会社AWARDの渡邉です。

皆さんはお金持ちと時間持ちだったら、どちらの方が好ましく感じますか?と言っても時間持ちという言葉にイメージが湧かない方も多いかと思います。その名の通り、お金持ちはお金に余裕がある方、時間持ちは時間に余裕がある方を想像してみていただけると良いかと思います。

この2つは相反する場合もあれば、両方ともない場合も両方とも手に入れられる場合もあります。それぞれのパターンを見ていきましょう。

それぞれのパターン


お金はあっても時間がない、という方の場合どんな生活を送ってらっしゃるのでしょうか。いわゆる高収入のハードワーカーの方というのは、お金はあっても時間がないという方は多いかと思います。高収入ですごい激務を毎日行っており、お金を使う時間がないので自然と預貯金の残高だけが貯まっていく、というような方を想像していただければ良いでしょう。

お金はないけれども時間はあるという方は、仕事で生活に困らない程度のお金を稼ぐことはできていて、時間には余裕があるというイメージになります。贅沢はそれほどできないけれども、日々ゆったりと時間を過ごすことができる、という感じですね。資産は持っていないが当座の生活には困っていない、けれども将来にはすこし不安も抱えている、そんな方が多いかもしれません。

お金も時間もないという方は、単価が低い仕事を毎日長時間やっている場合が多いでしょう。『貧乏暇なし』という格言があります。こちらは貧乏をしていると生活に追われて朝から晩まで働かなければならず、ほかのことをする余裕がないという意味の言葉となります。こうした生活を望む方は少ないでしょう。ここから抜けるためには、『お金』か『時間』どちらかを作るために、まずは仕事を変える・仕事のやり方を変える検討をするのが良さそうです。

お金と時間、両方手に入れるには


それでは、お金と時間、両方を手に入れるためには、どんなことを意識すれば良いでしょうか。これにはいくつかの方法があります。それは、

・単価の高い仕事をすること

・投資をすること

・幸せの基準を変えること

などになります。高い単価の仕事をすると、同じお金を稼ぐにしても仕事に使う時間が短くて済むようになります。投資をすると、自分の時間を使わずとも時間がお金を生み出してくれる状態を作ることができます。幸せの基準を変えるというのは、贅沢なこと=幸せという価値基準をなくす、ということです。同じ額のお金があってもたくさんのお金を使わないと気が済まないという方の場合、将来に対する不安は増大します。最近では人生の楽しみ方は多様化しています。大きなお金を使わずに幸せと感じられる状態を作ることは、やりやすくなっているのではないでしょうか。

折角の人生ですから、お金にも時間にも満たされている実感を得たいという方が多いのではと思います。ぜひ上記の3つについて日頃から意識してみるようにしてはいかがでしょうか。

カテゴリーから記事を探す