権利落ち、配当落ち
2020.3.30

株式会社AWARDです。

株式投資をしていて嬉しいことの一つに、株主優待や配当をもらうことがあるかと思います。こうした株主優待、配当というのは1年のうちに特定の日に株式を保有していたかどうかで貰えるかが決まるのですが、3月27日がその日にあたりました。そして、本日は権利落ち日、配当落ち日と言われる日になります。

3月決算の企業は多い


3月は決算を行う企業が多く、株式取引において配当金や優待等の権利が確定する銘柄が一番多い月となっています。これらの権利を取得するためには、権利付最終日の大引(取引終了時)時点で該当する株式を保有している必要があります。

今年の場合は、3月27日(金)の取引終了時に株を保有していれば、3月30日(月)の朝一番で株を売却しても、3月末分の権利を獲得できることになります。つまり、配当狙いで株式を保有していた方は本日以降は株式を売却しても良いということですね。ちなみに株主優待はある企業とない企業とに分かれますが、配当と同時に権利が確定する場合が多くなっています。

権利落ち日には、理論的には配当に相当する金額分、株価が安くなります。日経平均株価などの指標も配当の分だけ下がる傾向があるようです。ただし、配当で下がるのは平均すると1~2%です。株価はほかの要因にも左右されるため、権利落ち後の株価が理論値よりも高くなることも、安くなることもあります。

優待狙いのクロス取引


さて、配当狙いの方の場合にはできませんが、株主優待だけが欲しい、という方は株主優待だけを株価の変動リスクを最小限に抑えて手に入れる方法なども存在しています。それは、「現物買い」と「信用売り(空売り)」を同時におこなうクロス取引という手法です。

人気優待銘柄ですと、権利落ち日には株価が大きく下がります。その際の損失を防ぐために、現物買いをするのと同時に、同じ株価で信用売り(空売り)を行うのです。すると、現物買いと信用売りが相殺されて株価の変動による損失は0円となります。リスクを抑えて株主優待を手に入れたい方向けの裏ワザと言えます。

ただし、配当金に関しては信用売りしているときには配当調整金というお金を証券会社に支払うことになるため、リスクなしで配当金だけ受け取ることはできないのも知っておきましょう。クロス取引はあくまでも株主優待だけを手に入れる裏技ということですね。

一喜一憂はしない


権利付最終日、権利落ち日の日程はきちんと押さえておくのが良いですが、配当であまり一喜一憂することはありません。配当で株主が貰えるお金は、元々株を保有している企業が稼いだお金です。利益が外に出てきているわけですので、むしろ出てきたお金を積極的に再投資にまわすといったことを考えておくのが良いのではないかと思います。

また決算の結果が出揃ってくると、株価が動き出すことになります。そこで生まれる大きな流れを意識してみると、今後の投資に役立つかと思います。

カテゴリーから記事を探す