個人向け国債キャッシュバック
2020.3.11

株式会社AWARDです。

個人向け国債という商品をご存知でしょうか。日本政府が発行しており、政府に対してお金を貸すことで金利が貰える商品になっています。銀行に預けるよりも安全で、しかもちょっぴり金利が高い個人向け国債について本日はご紹介させていただきたいと思います。

個人向け国債の種類


個人向け国債は、銀行や証券会社といった金融機関の窓口で購入することが可能です。特徴としては、

・元本割れなし

・1万円から購入可能

・中途換金も1万円から可能

・国が発行している

・0.05%/年の最低金利保証

・年12回発行(毎月発行)

といったものが挙げられます。国が発行しているため、元本保証を謳うことが可能な数少ない商品となっています。とはいっても先日こちらのコラムでご紹介したように、国がデフォルトすれば金利や元本が戻らない可能性はあるわけなのですが。

お得な買い方


さて、こうした個人向け国債ですが、現在3種類発行されています。

・変動金利型10年満期

・固定金利型5年満期

・固定金利型3年満期

の3種類です。個人向け国債は1年経てば1年分の金利を解約手数料として支払えば解約できますので、流動性も比較的高い商品です。しかし、現在はどの金利も最低保証されている0.05%/年に張り付いているため、そこまでお得と言える商品ではありません。とは言っても都市銀行の普通預金の金利が0.001%なのを考慮するとはるかに良い金利です。

しかし、通常以上に国債をお得に買う方法は存在しています。それは証券会社などが行っているキャンペーンを利用する方法です。元本保証がされている国債をまとまった額購入することで、キャッシュバックをしてくれる証券会社が多く存在しているのです。

例えばSMBC日興証券の場合、1000万円分の変動金利型10年満期の個人向け国債を購入するとキャンペーンとして4万円がキャッシュバックされます。これを金利換算すると、0.4%。ただし、キャッシュバックでお金が戻るのは購入時のみなので、1年後に解約するとすると、結果として0.4%お金が殖えることになります。1%には届きませんが、現在の低金利下の中で元本保証のついている日本円建ての商品としては、非常に優秀な金利が得られることになります。

円建ての安全資産の置き場所


個人向け国債は円建ての安全資産として保有する分には優れた商品かと思います。すくなくとも日本という国が管轄している銀行にお金を預けているよりも、日本という国自体にお金を預けた方が安全であると言えるでしょうし、キャッシュバックを上手に利用するとどこの銀行よりも良いリターンを得ることが可能です。

日本人はそもそも外貨をあまり持っていないため、まず外貨への分散などを検討していただきたいところですが、円の安全な置き場としては十分に検討に値する商品が個人向け国債です。キャッシュバックをやっている金融機関は色々あるので、ぜひ調べてみてください。

カテゴリーから記事を探す