100%勝つ投資はない
2020.2.15

株式会社AWARDです。

世の中には、投資で簡単に勝てそうな情報が溢れています。短い時間で何倍にもお金を増やすことに成功した、という話や、投資に成功して悠々自適な生活を送っている方の話などは良く聞くところかと思います。

それでは、投資というのは簡単に勝つことができるものなのでしょうか。本日はそこのところについて少し深めて考えてみましょう。

100%勝つ投資はない


まず大前提として100%勝つ、という投資はありません。強いて言うのであれば、国債は国が破綻しない限りお金が殖えるのでかなり固い投資ですが、それでも国の破綻の可能性やインフレの影響などを考えると100%勝つ投資ではありません。

人間というのは、自信を過剰に持ってしまうことが多いことが知られています。なぜか自分のところに来た投資話は100%勝てるかのように勘違いしていまうのです。もし100%投資で勝てるというような話が自分のところに来たら、その内容について疑いながら検証を進めることが必要でしょう。

合理的な判断とは?


また投資というのはリスクを取ってリターンを得る行為、というようにも言い換えることができます。しかし、ここでも人間は数字だけで有利な方を選ぶことはなかなかできません。

例えば、

『確実に20万円がもらえる』ことと『2分の1の確率で100万円がもらえて、2分の1の確率で50万円を払わないといけない』ことのどちらかを選択するように言われたら、あなたはどちらを選ぶでしょうか。多くの方は確実に20万円がもらえる方を選ぶと言われています。

ちなみに期待値という考え方を使うと、後者は平均で25万円のお金がもらえることになるため、前者より後者を選んだ方がお金は殖えやすいと言えるかと思います。しかし、人はお金を失うことをとても痛みに感じるという性質があります。そのため、

・確実に貰える20万円が貰えない可能性があること

・2分の1の確率で50万円を払うこと

の痛みを強く感じて前者を選ぶようです。しかし、後者のように数字上でお金が殖える可能性が高いのであれば、そこはリスクをとっても良い部分なのではと思います。

投資をするのに重要なこと


投資で利益をあげていくためには、上記のような場面で合理的な判断をしていくことが大切です。期待値が良い選択を重ねていくことで利益を積み重ねていきやすくなります。ただし、期待値だけを見て手元の資金を管理することを忘れると、やはり投資は上手くいきません。

一度お金を失うと、それを取り戻す方法は投資の世界にはありません。労働などで得た収入を投資にまわすことでしか、同じ舞台に戻ってくることはできないのです。いかにお金を失わないかが重要だという著名な投資家の言葉があるように、冷静な資金管理や、心理に惑わされずに合理的な判断を重ねることが投資の世界では重要なのではないでしょうか。

カテゴリーから記事を探す