2018年度のGPIF
2019.7.6

株式会社AWARDです。

GPIF(年金積立金管理運用機関)といえば、わたしたちの支払っている年金保険料・年金積立金をとりまとめて運用している機関となります。そんなGPIFの2018年度の運用実績が昨日発表されたためご紹介したいと思います。

2018年度実績は+1.52%


2018年度の運用実績は2兆3795億円の黒字と、3期連続でプラスとなりました。下落リスクもある株式を積極的に取り入れた上で、3期連続でプラスになっているわけですから、まずまずの成績と言えるのではないでしょうか。年率は+1.52%となっており、昨今のマイナス金利政策の影響も考えると従来の国債運用では達成することができなかったであろう数字となっています。

2018年10-12月期は14兆円ほどの運用損を計上していたこともあり、大いに世の中から叩かれていましたが、通年での成績や過去の実績を振り返ると、運用方針を転換してからの方が年金積立金を増やすことには成功していると言えそうです。

運用資産額は過去最大に


なお、GPIFの運用資産額は世界でも有数の規模であり、2019年3月末時点で159兆2154億円に上ります。このお金が日本の年金制度の維持に今後活用されていくことになります。GPIFの資産構成は一般的な投資家にとっても参考になるお手本のようなバランスであり、2019年3月末の構成比率は、

国内株式:23.55%

外国株式:25.53%

国内債券:26.30%

外国債券:16.95%

となっています。この他にも現金などの短期資産を7.67%持っているのに加え、不動産投資などを含むオルタナティブ投資も4327億円ほど行っています。この割合はまだ1%にも満たない程度の数字ですが、今後増えていくかもしれませんね。

リスクなくしてリターンなし


GPIFは運用損が出るたびにメディアから大きく叩かれ批判を浴びますが、過去の運用実績は決してわるくありません。直近10年間と18年間の運用実績の平均収益率をみると、

【2009~2018年度】
5.05%

【2001~2018年度】
3.03%

となっています。日本国債だけで運用していたら得られないリターンですよね。リスクなくしてリターンは得られないことを考えると、現在の運用方針は決して間違ってはいないのではないかと思います。

メディアに踊る数字だけを見て感情的になるのではなく、事実を見極めて正確な情報を得られるようにしていきたいものです。GPIFの資産構成は個人で投資を始めたいという方にとっても大いに参考になるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリーから記事を探す