IPOを始める には?【資産運用】
2016.4.17

株式会社AWARDの渡邉です。前々回、前回とIPO(新規公開株)について取り上げて来ました。今回は IPOを始める 具体的な方法を紹介していきます。

IPOは前回の記事でもふれたように、非常に平均成績が良い投資です。そのため参加したいと考えている方も多く、公募価格で購入が出来るのは抽選で当たった投資家のみになります。購入するのにも運が必要ということですね。ただし、抽選への申し込み自体には費用がかかりませんので積極的に参加してみると良いでしょう。

まず必要なのは証券口座になります。IPO投資が好きな方は多くの証券口座から抽選に申し込めるように数十社の証券口座を管理し、対象の銘柄を扱う全ての口座から申し込みを行っているようなツワモノもいます。が、初めてやる方には大変だと思いますので、マネックス証券や SMBC日興証券などの口座を開設できていれば良いのではないでしょうか。 これらの証券会社は過去の取引実績等に左右されない公平な抽選をしてくれる証券会社になります。そのためこれから口座開設をする人や資金が少ない人でも当選しやすいと考えられます。

口座が出来ましたら証券会社のホームページ上でIPO(新規公開株式、新規上場株式といった表示になっています)の項目を探して取扱いのあるIPO銘柄一覧を確認しましょう。確認した銘柄の中で申込受付期間中の銘柄があれば、申し込みを行うことができます。ただ、IPOの中でも人気のない銘柄もありますので、事前にインターネットなどで情報を調べてみると良いでしょう。また申し込みできる期間は決まっていますので見掛けたら素早く申し込む必要があります。申込画面では通常の株を購入するのと同様に買いたい株数と金額を入力して申し込みを行います。

申し込みの時点でその銘柄が買える資金が口座に必要な場合が多いですが、当選してから入金すれば間に合う証券会社などもありますので調べてみてください。購入しなかった場合にはもちろん資金は返ってきます。

まとめると、
口座を開設する
(口座に入金する)
IPOの申込受付期間の銘柄を選択する
株数と金額を入力し申し込む

といったステップでIPOを始めることができることになります。投資の中では比較的少額でもチャレンジでき、勝率も高いIPO。なかなか抽選で当たらないかもしれませんが、申し込みをしなければ絶対に当たらないのも確かです。気になった方はぜひチャレンジしてみてください。

カテゴリーから記事を探す