金への投資の是非
2019.2.7

株式会社AWARDです。

投資対象の一つとして挙げられる金(ゴールド)。その輝きや工業的な価値から今でも高い価値を保っている金属になります。そんな金への投資についての是非について考えてみましょう。

人気のある現物資産


金は人気のある投資対象の一つです。ツタンカーメンの黄金のマスクや、金印、小判など歴史の流れの中でも金で作られたものは価値が高いものとして扱われてきました。今でも通貨の一つとして金貨は流通しています。

そんな金の価格は1gあたり5,000円前後。1kgで500万円相当ということになります。非常に価値が高いことから、形がある現物の資産として手元に置いておける魅力があります。不動産とともに現物資産の代表と言えるでしょう。

それ自体が価値を生むか?


しかし、金を投資対象として考える上では大きな弱点があります。それは『金自体は利息や配当を生み出さない』ということです。株式や債券、そして不動産といった資産は、保有しているだけで利息や配当、家賃収入などを生み出してくれます。しかし、金はそこにあるだけで、金自体が勝手に増えていくということはありません。

それでは金を保有することで利益を上げるにはどうすれば良いのかというと、保有した上で価格が値上がりするのを待つしかないわけです。投資で利益を上げるには、キャピタルゲイン・インカムゲインの2通りがありますが、金の場合はキャピタルゲインしか狙えないということですね。ただし、希少な金属で世界に一定量しかないため、需要が続けば価値は上がり続けるのではという考え方はあります。総量が決まっている、というのが株式・債券などの資産と異なるところですね。

資産の一部として持つならありか


金には株式や債券とは異なる値動きをする特徴があります。特に世界経済が危機に陥ったときには、金は価値を増す傾向があります。通貨や株式などに対する信頼が薄れ、現物資産である金を保有したいというニーズが増えるからでしょう。こうした値動きが異なる資産を保有すると、資産全体の価値の増減を抑える効果が得られるため、資産の一部として金を保有するのはありでしょう。

ただし、キャピタルゲインしか狙えない資産であることは重々理解した上での投資をお勧めします。高値で買った場合には、配当などで価値を取り戻すことは期待できず、買ったときの値段を超えてくるのを待つしかなくなるのです。投資をするときには、投資先の特徴をしっかり理解しておきたいものですね。

カテゴリーから記事を探す