日本の 長期金利 が初のマイナスに【経済】
2016.2.9

株式会社AWARDの渡邉です。2016年2月9日は歴史に残る日になりました。日本の 長期金利 が初めてマイナスになったのです。ではこの長期金利がマイナスになる、ということがどういう意味を持つのかを書いていきます。

そもそも長期金利とはなんなのでしょうか?それは日本国が発行する長期国債の金利のことを指しています。国債には満期が異なる様々な種類があるのですが、その中でも一般的に長期金利の指標として使用されるのが10年物の国債になります。本日マイナスになったのはこちらの10年物の国債でした。G7と言われる主要7か国で見ても10年物の国債の金利がマイナスになったのは初めてだそうです。

日銀の黒田総裁が1月29日に日銀当座預金にマイナス金利を導入するのを決めたのに加え、世界的に景気が減速しており株等のリスク資産から安全資産と言われる債券にお金が流れ込んできているのが金利低下の背景にあります。そして、私たちがお金を預けている銀行や保険会社などの金融機関は主な資産を国債で運用しています。つまりこの長期国債の金利がマイナスになってしまったということは、金融機関が今まで収益を上げてきていた最大の投資先がなくなることを意味します。こうなると金融機関は新たな投資先を見つけなければ収益が悪化してしまいます。リスク資産への投資を行うか、お金が減るのは覚悟のうえで国債を買い続けるのか判断が分かれることになります。

一方私たちの生活にとっては国債の金利が下がることで良い面もあります。住宅ローンの金利などは主に10年物の国債に連動して決定されているため、さらに下がっていくことが考えられます。ローンの金利が下がるのは住宅を購入したい人にとっては有利ですよね。また金融機関は国債を購入してもお金が減っていってしまう状況なのに対して、私たち個人は銀行にお金を預ければ限りなくゼロに近い金利ですがお金は増えます。金融機関に運用の負担を負ってもらいリターンを得る事ができるので個人は有利であると言えます。また事業を大きくしたいという経営者の方にとっても、銀行からの融資は受けやすい状況になっていると言えるでしょう。

ただし、『10年国債の金利がマイナス=10年間国にお金を貸すとお金が減る』というのは過去にない異常事態です。金融機関の収益が悪化すれば当然倒産がささやかれる様なケースも出てくると考えることができます。私たちは今とても面白い時代を生きています。世の中のニュースには常にアンテナをはっておきたいところですね。

カテゴリーから記事を探す