結婚とライフプラン【考え方】
2016.6.19

株式会社AWARDの渡邉です。6月の土日ということで結婚式を挙げられる方も多いのではないでしょうか。わたしもこの土日は結婚式に招待してもらい幸せのお裾分けを頂いております。東京では梅雨の時期にも関わらず気持ちの良い晴天が続いており絶好の結婚式日和ですね。

さて、結婚というと仕事が変わったり引越しのきっかけになることも多いでしょう。それに伴いライフプランを見直したい、という方も多くいらっしゃるようです。具体的に言うと、

・保険の見直し
・賃貸と持ち家の選択
・2人での資産運用の開始

などです。では独身の時と比べて具体的に何を変える必要があるのでしょうか?結論から言うと実は保険などは独身の時から特に変更する必要は薄いと言えます。子どもが出来るまでは、自分自身に万が一のことがあってもパートナーが金銭的に困るケースは少ないからです。ただし、保険に関して独身のときには真剣に考えたことがなかった、という方も多いと思いますので、結婚をきっかけにその意味について考えてみる、というのは価値があるかもしれません。

さて、賃貸と持ち家の選択は難しいですが、状況によってどちらを選んでも構わないと思います。お勤め先に家賃補助があるかどうかなども考慮する必要がありますし、ご両親からの補助が受けられるかどうかなども選択のポイントになるでしょう。資産を殖やすというのに特化するのであれば、資産価値の高い家を買ったり、寧ろ自分たちは賃貸に住んで不動産投資を少しずつ始めてみるなども有効でしょう。

資産運用に関しては、一緒に住んで生活費がまとまるため資金的に余裕が出てくることも多いと思われます。そこで出来た余裕資金を家族のお金として資産運用にまわしていくのは将来のことを考えると有効でしょう。家族のお金として貯蓄するお金運用するお金生活のためのお金を分けて、それぞれ目標や計画を立てていくと将来に渡って安心した生活を送っていくことができるのではないでしょうか。

人生の中でも非常に大きなイベントである結婚。2人での生活が始まるからこそ、お金のことに関しても2人しっかり話し合ってライフプランを考えていくと良いのではないでしょうか。

カテゴリーから記事を探す