東南アジアの可能性

株式会社AWARDです。

本日から会社のメンバーでフィリピンへと出張になります。弊社では国内外への投資を一つの業として行っておりますが、海外においてはフィリピンへの投資に特に力を入れています。

世界にたくさんの国がある中で、なぜ東南アジア、そしてフィリピンへと特に注目しているのか。今回はアジアの国々の人口の観点から書かせて頂きます。

アジアの人口


アジアの国々のうち人口が1億人を超えているのは何か国あるでしょう?これは日本を含めて7か国が存在しています。ランキングで出してみると、

1位 中国 13億8千万人
2位 インド 13億1千万人
3位 インドネシア 2億6千万人
4位 パキスタン 1億9千万人
5位 バングラディッシュ 1億6千万人
6位 日本 1億3千万人
7位 フィリピン 1億人

といった順位になります。このうち世界のGDPランキングで2位に入るのが中国、そして3位が我が日本になります。人口が多いというのは経済の発展にとって大事な要素なんですね。

これから発展するのは?


ただし、2位の中国、3位の日本は少子高齢化が進んでいる国でもあります。日本に関して言えば皆さんも感じる事が多いと思いますが、中国も一人っ子政策を推し進めてきた過去があるため、今後は人口比率が高齢者に極端に偏ってくると考えられています。

これらの事実を考えると、まだ若い人がの比率が多いインド、インドネシア、バングラディッシュ、フィリピンはどこも今後の経済の発展が見込める国だと言えるでしょう。

それぞれの国で多くの日本人がチャンスを求めて進出しています。人口が増える国では当然土地の値段も上がっていきますし、消費が増えていくのでどんなビジネスも成長していくため、その波を狙う人たちは大勢いるということです。

なぜフィリピンに投資するのか


さて、それではフィリピンに弊社が特に注目しているのはなぜなのでしょうか?英語が使えるため日本人もビジネスをしやすい環境があること、人口ピラミッドが非常にきれいで平均年齢も20代前半という著しい成長が見込める国であるなどいくつか理由があります。

それに加えて海外ではいかに信頼できる方とパートナーシップが組めるかも大切です。いかにチャンスが溢れている国であっても、信頼できる人のつながりが現地になければ、投資先として考えるのは難しいのです。そういった意味でフィリピンにおける投資チャンスにめぐまれたと言うこともできます。

それではこれから飛行機にのりマニラへ向かいます。またこちらのコラムで視察内容をご紹介していきたいと思います。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います