フィリピン視察②
2017.7.10

株式会社AWARDです。

フィリピンより現地情報をお届けします。みなさん海外に行くときにはインターネット環境は結構気になるものなのではないでしょうか。今回は日本から持っていたSIMフリーのwifi端末に、現地の通信会社のSIMを入れて使っているので、その紹介をします。

空港で借りられるwifi


最近では日本の空港でもwifiの貸出をしているので、それをお持ちになって現地に行く方も多いでしょう。日本でフィリピンで使えるwifiを借りた場合、3G回線のものから4G大容量のモノまで選べますが、良いものを選べば1日あたり1000円程度はしてきてしまうかと思います。海外で特に設定をしなくても使えるwifiは便利なものですが、保険料なども払うことになる場合が多いので、頻繁に海外に行く方は毎回借りるのはコスト的にお得ではないかもしれません。

現地SIMの利用


今回の出張では、日本からdocomoのwifi端末であるL-03Eという機種をSIMロック解除して持っていきました。
持っていった端末
これらの端末は元々は発売元のキャリアでしか使えないようになっているのですが、店頭でSIMロックの解除を依頼することができます。SIMロック解除にかかったお金は3,240円、期間は5日間ほどで手元に戻ってきました。SIMロック解除した端末は海外だけでなく、日本で格安SIMを挿して利用することもできますので、1台持っているととても便利かもしれません。

フィリピンの携帯キャリア


フィリピンの主要携帯キャリアは「Globe」「SMART」の2社があります。現地の空港などでこれらの会社のSIMカードを購入することが可能です。今回は5日間使えるSIMカードを購入したのですが、値段は499フィリピンペソでした。現在1フィリピンペソ=2.25円ですので、1,100円ほどで5日間インターネットが使える環境が手に入ったことになります。レンタルのwifiは便利ですが、こういったSIMフリーの端末と現地キャリアのSIMを組み合わせることでお得にウェブ環境を整えることもできるのです。

SIMフリーの端末を1つ持っていると国内海外含めてなかなか便利なものです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

カテゴリーから記事を探す