米FOMC利上げ決定【海外】
2016.12.15

株式会社AWARDの渡邉です。米国FOMCが12月13-14日に開催され、日本時間15日の午前4時に政策金利であるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%引き上げ、0.50-0.75%とすることを決定しました。昨年の12月以来1年ぶりの利上げとなります。

同時に示された経済見通しでは、2017年の利上げ予想が中央地で3回となったことから、9月時点での見通しであった2回からペースが速まったことになります。今回の利上げはほぼ確実視されていましたが、来年以降の利上げペースが速まる見通しになったことで、ドル円の為替は大きく変動しています。

トランプ氏が米国の大統領に決まってから101円台から115円台まで高騰していたドル円の為替ですが、FOMCによる利上げの発表からわずか2時間で1ドル=115円から1ドル=117円への2円もドル高円安が進みました。

金利が低い国と金利が高い国ではどちらにお金を置いておきたいか?と聞かれれば、当然のことながら金利が高い国ですよね。ドルを買いたい人が増えるのでドル高が進むことになります。今年の1月以来の1ドル=120円といった水準もかなり近付いてきました。輸出企業にとっては恩恵がありますが、多くの方にとっては食品などの値段が上がっていくなど生活への影響が出てくることも考える必要があるでしょう。

とはいえ、米国の景気が堅調で予定通り利上げが進んできていることは世界全体としては喜ばしいことかと思います。しっかり外貨資産を持っている方にとっても円安が進むのは悪い話ではないのではないでしょうか。

昨年は米国の利上げがあった後に、中国リスクが市場で再燃することで年初のマーケットは大きく混乱することになりました。利上げは新興国からお金が逃げることにも繋がるため、経済へ打撃を受ける国も出てくることと思います。しばらくは各国の様子を観察していくのが良いでしょう。

カテゴリーから記事を探す