年収の壁とは

株式会社AWARDです。

みなさんは年収の壁、という言葉を聞いたことがありますか?日本の税金や社会保険の制度上、一定の年収までは所得税がかからなかったり、社会保険への加入義務がなかったりします。本日はその辺りをテーマにしていきたいと思います。

103万円の壁


まず気になるのは『年収103万円の壁』です。パートタイムで働いている方やアルバイトで働く学生などは気になる壁ですよね。年収103万円以下であれば、所得税がかかりません。これは、所得税を計算する上で、38万円の「基礎控除」と、最低65万円の「給与所得控除」というしくみがあるからです。

38万円と65万円を足した103万円以下であれば、この2つの控除の範囲内になるので、所得税がかからないようになっています。さらに、年収103万円までであれば扶養者の方が「配偶者控除」などを使うことができるため、扶養する方の税金も少なくなります。

130万円の壁


103万円を超えたら、次に気になるのは「年収130万円の壁」になります。扶養者が会社員や公務員などで、配偶者の方やお子さんの1年間の収入の見込みが130万円未満であれば、扶養者の方の健康保険の「被扶養者」になれます。また、国民年金は第3号被保険者になり、保険料を自分で払わなくても将来年金を受け取ることができます。

年収130万円以上になると、自分自身が健康保険や公的年金に加入しなければなりません。健康保険は、勤め先の健康保険組合か、自治体が運営する国民健康保険に加入することになります。公的年金は、第1号被保険者として加入するか、勤め先で厚生年金や共済年金に加入する形になります。

健康保険や厚生年金は、原則として1カ月の労働日数が正社員のおおむね4分の3以上で、1日または1週間の労働時間が正社員のおおむね4分の3以上であれば、パートタイマーでも加入できることになっています。

106万円の壁?


さて、ここでこの壁に最近加わったのが106万円の壁です。厚生年金において、2016年10月からパートタイマーの厚生年金への加入要件が拡大されました。以下の要件をすべて満たすと、パートタイマーでも厚生年金に加入しなければなりません。

1.勤務時間が週20時間以上
2.1カ月の賃金が8.8万円以上
3.勤務期間が1年以上
4.勤務先が従業員501人以上の会社である
5.学生は対象外

学生は対象外ですが、配偶者の方などは対象になるということですね。1カ月の賃金が8.8万円以上というのは、年収にすると106万円です。所得税は払っても厚生年金の負担がかからないようにと、年収103万円~130万円の間に収まるように働いていた人でも「106万円の壁」を意識しないといけない方がでてきたということですね。

さて、このように税金や社会保険の制度上、年収にはいくつかの壁があるわけです。ただし、あまり意識しすぎると、自分の収入をあげる可能性に対して蓋をしてしまうことにもなりかねません。知っておくことは大事ですが、本当に意識しないといけない壁なのかもしっかり考えたいところですね。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います