不動産投資の注意点

株式会社AWARDです。

不動産投資は投資の中でも王道の一つです。大きなお金を動かすことができるため、成功して大きな財を築いた方がたくさんいらっしゃいます。その反面、不動産投資で大きな失敗をしてしまった方もいらっしゃいます。本日は不動産投資の注意点について取り上げたいと思います。

何に注意すべきなのか


不動産投資で最も注意すべきは、なんだと思いますか?この質問をすると、不動産投資をすでにやっている方でも、リスクに対して正しい認識がない方がいるのが分かります。ちなみに良く挙げられるリスクとしては、

・空室リスク
・地震による倒壊リスク
・修繕費のリスク

などがあります。しかし、不動産投資における最大のリスクは上記の中にはなく、

・借金のリスク

なのです。それでは借金のリスクについて具体的に考えてみましょう。

不動産投資が失敗するとき


不動産投資は、銀行からお金を借りて不動産を購入し、それを人に貸すことにより家賃収入を得て借りたお金を返済するスキームで行われます。もちろん現金で購入する方もいらっしゃいますが、数千万円から数億円する不動産を借り入れなしで購入できる方は少数派でしょう。そして、この借り入れが不動産投資の成否を決めるポイントなのです。

不動産投資の失敗が確定するタイミングはいつだと思いますか?それは、銀行のローンが返済できなくなったタイミングです。銀行のローンが返済できなくなると、自分が購入した不動産は銀行の手に渡ってしまいます。そしてその不動産を銀行が売却した結果、残った借金は自分のもとに残ってしまうことになるのです。逆に言えば、ローンの返済が続いている限りは不動産投資の失敗は確定しないとも言えます。

不動産投資のコツ


それでは不動産投資を成功に導くためのコツは一体なんなのでしょうか。例としては、

・割安な物件を買う
・低い金利のローンを借りる
・借り手が付きやすい物件を選ぶ

等が挙げられるかと思います。これらは、どれも購入時に判断する内容になりますよね。つまり不動産投資の失敗が確定するのは銀行ローンの返済が滞った時ですが、成功に導くための条件は基本的に物件を買うときにしか選べない、ということです。不動産投資にチャレンジする際には、以上のことを踏まえて慎重な判断をして頂ければと思います。

 

 

こちらのコラムは日々金融情報に触れて頂きたいという想いから継続して配信しているものになります。あなたにとって大切な方にぜひご紹介ください。

LINEにご登録いただくと毎日更新情報が届きます。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います