借金は悪いものか?
2017.7.1

株式会社AWARDです。

昨日はCASHについて紹介させて頂きましたが、多くの方から反応がありました。お金を借りる新たな手段という感じもしますので、あんまり良くないイメージを持った方もいらっしゃるかもしれません。多くの日本人は『借金は悪』というイメージを持っているかと思います。では、全ての借金は悪いものなのでしょうか?

借金の問題点とは


不動産投資家の中には、個人で何億もの借入を銀行から起こして投資を行っている方がいます。また銀行と全く付き合いがなく、借入を起こしていない企業というのもまれでしょう。恐らく多くの皆さんが勤めてらっしゃる会社でも銀行からの借入は起こしています。これらの借金を悪いものと感じる方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。借金の問題は、絶対額ではなく、借金が返済できなくなることなのです。

事業と投資


不動産投資における借入も、会社で起こす借入も、そのお金を使い事業を行うことが目的です。なにか大きな事業を起こすときに、手元のお金だけで全てを賄えることは多くないでしょう。だからこそ、銀行や政策金融公庫といった金融機関から借りたお金がパワーを発揮します。世の中の経済が回っているのも、これらの金融機関が多くの不動産や事業に対して貸付を行い、そのお金によって事業が行われているからなのです。

マイホームと借金


さて、大きな金額の借入は事業に対して行われることが多いですが、個人で最も身近な借金と言えば住宅ローンになるのではないでしょうか。実は住宅ローンは事業に対してお金を貸してくれるのではなく、住宅が持つ担保としての価値と個人の信用に対してお金を貸してくれることになります。事業に対してお金を借りるのとの違いは、自分が住む住宅は新たなお金を生み出すことはない、ということです。不動産投資、事業と違って、借りたお金は会社員や個人事業主として働いた収入から返さなくてはいけません。住宅ローンを借りるときは、その住宅自体は新たな価値を生み出さない、と割り切り無理なく返済できる範囲での借入をお勧めします。

銀行や政策金融公庫からの借入は社会がまわるために大きな役割を持つものです。『借金は悪』というイメージに捉われずに上手く付き合っていきたいものですね。

カテゴリーから記事を探す