投資用不動産を作る?

株式会社AWARDです。昨日はご紹介で投資用の不動産を作るといったことを手掛ける社長さんとお会いしてきました。投資用の不動産というと、

・突然電話がかかってきてオススメされる
・駅前でアンケートを書いたら不動産の勧誘だった
・交流会に参加したらしつこい営業を受けた

などの悪いイメージが多いのではないでしょうか。実際そういった際に勧誘される不動産は、損することが多いです。つまり、購入した不動産の価値よりもローンの額がはるかに大きい債務超過の状態になる、ということになります。

そんな中、投資用の不動産を作る、というのはどのように進めるのでしょうか。それは、まず土地から探して、そこに収益が出やすいアパートなどを建ててしまうということです。

アパートやマンションを丸ごと買うことを一棟買いと言ったりします。すると規模が大きい分だけ月々の収益は出やすくなるので、不動産投資家の中にはそこに到達することを目標にしてらっしゃる方もいます。

しかし、実際のところ一棟物の不動産も質が悪いものが多く市場に出回っています。規模が大きい分だけ購入に失敗したときのダメージは大きいです。長期的に管理などもしっかりやってくれて、顧客の利益を考えている業者さんから購入するのが安心でしょう。

ちなみに昨日お会いした方は、依頼された方の収入に合わせて土地を探し、利益が出るシュミレーションを綿密にやった上で工務店に依頼してアパートを建設していくとのことでした。不動産投資も投資ですので確実なものではありませんが、事前準備を行うのは長期的に収益を得る上で大切なことですよね。

さて、ここまでの内容で、そういった一棟物の不動産を持ってみたいと思われた方も多いかもしれません。しかし、必ずしも一棟物の不動産が誰にでも合っているかと言えばそうではないのです。

例えば、外資系のサラリーマンや病院に勤務する医者など高収入な方が破産する場合、その中にかなりの割合で不動産投資での失敗が含まれています。自身の状況に合わない不動産を多く購入し、数億円の債務を負った上でローンの返済に追われて破産に追い込まれるというケースですね。

区分の入居率の良い不動産を所有していた場合は上記のような状態に陥ることは少ないです。以前に書いた記事である、

不動産と現金

も参考にして頂けると、より不動産投資についての理解は深まるのではないかと思います。自分の資産が少ない状況からでも大きな資産を生み出せる不動産投資。とても有効な手段である分、慎重に検討していきたいものです。弊社でも不動産全般のご相談も承れますので、お気軽にご連絡くださいませ。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います