年金は貰えるか?

株式会社AWARDです。

将来のお金の準備を考える中で、必ずテーマに上がるのは年金のことになります。わたしたちは将来年金を貰えるのでしょうか。

支給年齢が遅くなる可能性


現在日本の年金は基本的には65歳からもらえることになっていますが、以前は60歳からもらえる制度だったのは多くの方がご存知かと思います。平均寿命の延び、少子高齢化による保険料の減少などが要因となり、貰える年金額は少しずつ小さくなっているのが現状です。

さらに政府は年金の支給年齢を選択性で75歳まで遅らせることができるようにすることも検討しています。現時点でこのような話がでていることを考えると、若い方が年金を貰える年齢になる頃には75歳から年金を貰うのが当たり前になっているかもしれません。

賦課方式の限界


公的年金制度は、いま働いている世代(現役世代)が支払った保険料を仕送りのように高齢者などの年金給付に充てるという「世代と世代の支え合い」という考え方(これを賦課方式といいます)を基本とした財政方式で運営されています。

つまり、保険料を支払うべき現役世代がだんだん減り、年金給付を受ける高齢者が増えている現状では公的年金の維持がさらに難しくなっていくことは間違いないのです。ちなみに既に公的年金の給付は現役世代からの保険料だけでは賄うことができずに、私たちが支払う税金も投入されています。

自分年金を作る


これらのことを踏まえると、将来的に現在の年金制度がそのまま維持されている可能性は低いでしょう。ただし、制度自体が完全になくなることも考えにくく、今の高齢者の方が受けている給付の半分くらいが貰えるかもしれない、ぐらいに考えておくのが良さそうです。

公的年金があてにならない時にはなにをすれば良いのか。それは自分年金を作ることです。その手段は様々なものが用意されており、確定拠出年金、NISA、投信積立などなど選択肢は多岐に渡ります。海外にまで目を向ければ海外の年金を作るための商品で日本人が加入可能なものも存在します。

年金制度の未来が不確定な中で、私たちができるのは備えることです。公的年金を完全にあてにした老後計画を立てるのではなく、年金がなくても十分に豊かな老後が送れるような準備が早い段階からできると良いのではないでしょうか。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います