2018年夏のボーナス
2018.5.20

株式会社AWARDです。

5月も後半になり、夏のような気候の日も増えてきました。こういった季節になってくると、そろそろ夏のボーナスが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。本日は調査会社から出ている2018年の夏のボーナスの見込みについて紹介したいと思います。

支給日は?


支給日については会社ごとにばらつきがありますが、おおむね6月の中旬から7月の上旬に支給される会社が多いようです。ちなみに国家公務員の場合は支給日が決まっていて、6月1日に在職していた方に対して6月30日に支給されることになっています。今年は6月30日は土曜日なため、6月29日の金曜日に支給される予定です。

わたしが以前在籍していた会社では、6月15日頃に支給されていたような記憶があります。実際いつ振り込まれるのか毎回ソワソワしていました。やはり大きな金額が一度に振り込まれるのは嬉しいですし、どうお金を使っていくかも考えますよね。

2018年の支給額は?


三菱リサーチ&コンサルティングの調査によると、2018年夏のボーナスは3年連続で増加する見通しであると発表されています。事業所規模5人以上の支給額平均は前年比1.2%増の37万1,010円となっています。企業の業績が回復してきているのに加えて、人手不足がボーナスの支給額を引き上げているようです。

なお、国家公務員の今年の夏のボーナスは65万5,735円が平均値になるようです。民間企業に比べると国家公務員の方は高めのボーナスをもらえるように感じられますね。ただし、こちらは上場企業の数値などを基準にして考えられているので、そう考えると特別高いわけではないようです。東証一部上場企業の平均値は75万円程度という別の調査会社の調査結果も発表されています。

ボーナスの使い道は?


ではボーナスの使い道はみなさんどうなさるのでしょうか。お勧めは一部を楽しみのために使って、残りは貯蓄や投資にまわすことです。まとまったお金が入ってくるボーナスは、貯蓄や投資を始めるチャンスでもあります。なかなか日々の給与で貯蓄ができていない方は、ボーナスをしっかり貯めるだけでも将来には大きな差がついてきます。

50万円のボーナスを夏と冬にしっかり貯めるだけでも年間に100万円の貯蓄や投資が可能です。10年習慣と続けるだけで、1000万円が貯まるわけですから、習慣があるとないではずいぶんな差が開いてきます。折角のボーナスですから、より自分にとって有効に利用する方法を考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリーから記事を探す