家計簿をつける大切さ

株式会社AWARDです。

本日はこちらのコラムでも以前話題にしたマネーフォワードの上場日になります。家計簿アプリとして有名になったマネーフォワードですが、本日は家計簿をつけること、つまりマネーレコーディングの大切さについて考えてみましょう。

なぜ家計簿をつける必要が?


家計簿はつけたことない、つけても続かなかった、という方は多いのではないでしょうか。毎日使うお金を記録していくというのは、マメさも必要ですし、習慣にしなければ継続するのはむずかしいと感じる方は多いでしょう。しかし、しっかり家計簿をつけている方ほど、家計は安定しているのも確かです。

若いうちから家計簿をつけることを習慣にしている方は、同年代の平均よりもかなり貯蓄額が多い傾向があります。家計簿をつけるというのはお金のことに対してどのくらい向き合っているかを示す指標にもなるのではないでしょうか。

意外と知らないお金の使い道


自分が何にお金を使っているかは、客観的なデータがないと意外とわからないものです。例えば毎月の貯蓄ができないというご相談を頂いた方に対して、1ヶ月間だけ家計簿をつけて頂いたことがありました。すると当初の自分の予想とは全く違う金額をある項目で使用していたことが判明したのです。

その方の場合、その項目とは飲み会でした。月に飲み会で使用しているのは3~4万円くらいだと当初は仰っていたのですが、実際には10万円弱という2倍以上の金額を使用してらっしゃったのでした。その事実が分かってから、飲み会の2次会を控えるといった行動への変化を検討して頂けるようになり、月々の貯蓄額も増えてきたのでした。

簡単に家計簿をつける方法


このように大きな効果が見込める家計簿ですが、続けることができないという方はどうすれば良いのでしょう。そんな時こそ、マネーフォワードのような家計簿アプリを利用すると良いでしょう。マネーフォワードの場合ですと、クレジットカードや銀行口座を連動させることで勝手にお金の出入りの記録が貯まっていきます。初期設定さえしてしまえば、普段の買い物などでクレジットカードを使用するだけで、自動で家計簿が出来上がっていくことになります。

それでも日々の買い物で現金を使う際には記録は残りません。そういった場合には、ある程度の大まかさももって記録を残すことをお勧めします。例えば1000円以上の買い物の場合は記録をつける、といったルールでやるだけでも手間はかなり省けます。お金の流れの全体像をつかむだけでも家計簿をつける価値はありますので、1円単位の記録にこだわらずに長く続けられる方法を選んでみましょう。

友だち追加

コラムの新着情報配信を行います